ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 23日からサンパウロ市でカーニバルのブロッコによるパレードがはじまり、いよいよカーニバルの季節到来となってきている。開催場所は各地でまちまちだが、23日の南部イビラプエラで行われたものにはベテラン歌手のアルセウ・ヴァレンサ、24日に北部アニェンビで行われたものには、ここ最近の大ヒット曲「ジェニフェル」で一躍有名になった若手歌手のガブリエル・ジニズが登場するなど、かなりの人数で賑わったところもあった。今年は世間を騒がせるようなニュースが続出し、なかなかカーニバルどころではなかったが、ここから来週に掛けて盛り上がってくれればよいが。
     ◎
 サンパウロ州都市交通局は22日、CPTMで頻発する、電車内での物品販売者の取締りを目的に、車両に軍警を配備して取り締まる提案を発表した。これらの行商者は電車内で菓子や水、携帯電話の充電器、イヤホンなどを売りつける行為が目立っており、州の統計によると年間で約5万件、約200万個の品が売られているという。21日には大サンパウロ市圏カラピクイーバで、行商者による警備員への暴力事件も発生した。電車内で頻繁に見かけてきた光景ではあるが、看過できなくなってきたか。
     ◎
 23日のサッカーのサンパウロ州選手権、アリアンツ・パルケでのパルメイラス対サントス戦は両チームの堅守が光り、0―0の引き分けに終わった。奇しくも両チームの監督はパルメイラスがフェリポン氏、サントスがサンパオリ氏と、2014年のW杯でそれぞれブラジルとチリ代表を率いた監督同士。今年はこうした名監督の駆け引きも見どころだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程2020年7月22日 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程  サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯が9月15日から再開されることが20日、正式発表された。21日付現地サイトが報じている。  今年のリベルタドーレス杯は、3月のグループ・リーグ中に新型コロナウイルスの感染爆発が起きて、各チームが第2節を終えた3月12日を最後 […]
  • 5日の記者会見でのドゥンガ監督(Rafael Ribeiro/CBF)2015年3月6日 今年初のサッカー・セレソン発表=注目の23選手は?  5日午前10時、ブラジル・サッカー連盟主催(CBF)の記者会見で、ドゥンガ監督が今年最初のセレソン23選手を発表した。 選出されたのは以下の23人となった。 <キーパー>ジェフェルソン(ボタフォゴ)、ジエゴ・アウヴェス(ヴァレンシア)、マルセロ・グローエ(グレ […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]