ホーム | 日系社会ニュース | 三菱化学アチバイア工場で火災=鎮火後に再出火、倉庫は全焼

三菱化学アチバイア工場で火災=鎮火後に再出火、倉庫は全焼

火災を報じるG1サイト

火災を報じるG1サイト

 聖州アチバイア市郊外のフェルナン・ジアス街道沿いに位置する、三菱化学パフォーマンスポリマーズ社工場内で、16日午前5時半頃に火災が発生した。G1サイトが同日付で報じている。
 消防隊員らによれば、機械の加熱により15日深夜に倉庫で火災が発生。一度消火されたものの、翌16日午前5時半頃に再び出火し、倉庫一体に火の手が広がったという。火災発生時には従業員はおらず、負傷者はいなかった。
 アチバイアのみならず、近郊のブラガンサ・パウリスタ、ジュンジアイー、グアルーリョス、サンパウロから消防車15台が駆けつけ、同日早朝から消火活動が行われたが倉庫は全焼した。
 なお、同社工場では、自動車用途に幅広く使用される樹脂部品を生産していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ