ホーム | Free | 陸軍司令部で原爆映画上映=平和を考える機会に、11月1日

陸軍司令部で原爆映画上映=平和を考える機会に、11月1日

来社した平崎さん

 ブラジル広島文化センター前会長で、現在最高顧問を務める平崎靖之さんが、原爆に関する邦画作品の上映会を11月1日(金)午前9時から、サンパウロ市イビラプエラ区のブラジル陸軍南東軍司令部講堂(Av. Sargento Mário Kozel Filho, 222)で行う。ポ語字幕付きで、軍関係者向けだが一般の参加も可能。
 上映作品は『黒い雨』(監督=今村昌平、89年)、『原爆の子』(監督=新藤兼人、52年)。
 仕事の都合上、軍関係者と親交のある平崎さんは、マルコス・アントニオ・アマーロ・ドス・サントス氏が5月に南東軍司令部の総司令官に就任したことを受け、歓迎会を開いた。
 8月にサンパウロ市のジャパンハウスで、原爆に関する展示や講演などを行うイベント「平和週間」が開催された際も、平崎さんが軍関係者を招待。今回上映される作品のDVDを渡したところ、平崎さんと軍関係者の間で上映会の話が持ち上がった。
 平崎さんは数年前からブラジル軍関係者に向けた上映会を考えており、「戦争に最も深く関わる軍関係者に、日本で起こったことを知ってもらい、今一度平和について考えてほしい」と語った。
 軍関係者でなくとも参加は可能。参加希望者は平崎さん(電話=11・99997・1634)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 11月1日にサンパウロ市のブラジル陸軍南東軍司令部で行われる、原爆に関する映画作品上映会について、案内に来社した平崎靖之さんによると、上映作品『原爆の子』の監督、新藤兼人は平崎さんの親戚だとか。ブラジル軍関係者にとって今回の上映会は、日本で起きた原爆投下について知る貴重な機会。平崎さんの縁を生かして、ブラジルでも広く平和希求への思いが高まることを願うばかりだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月26日 東西南北  コロナウイルスの感染が再び拡大し、恐れられている今日この頃。25日付アゴラ紙によると、そうした状況にも関わらず、サンパウロ市内では夜間、バーやレストランでマスクもしないで人が密集している状況が見られるという。この現象は、10月10日に市がバーの営業を午後11時まで認めた頃から […]
  • 特別寄稿=29日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄2020年11月25日 特別寄稿=29日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄  今週末29日(日曜日)には、サンパウロ市を含む全国の市長を決める決戦(第二次)投票が行われます。  「何だ、たかが地方の市長選挙か」と侮ってはいけません。  サンパウロ市の場合、800万人の有権者が参加する大選挙なのです。  選挙前の予想を覆して現在、決選投票に残ったの […]
  • 本村末廣氏子孫の消息求む2020年11月24日 本村末廣氏子孫の消息求む  小川和久氏(静岡県立大学特任教授)は、母親・フサノさんの伝記執筆を考えており、そのために母親と共に移住した本村末廣氏(もとむら・すえひろ、熊本県出身)の消息情報や子孫の連絡先を探している。  小川氏の母・フサノさんは親戚の本村さん夫妻と、1917年4月20日日本発、6月15 […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]