ホーム | Free | 陸軍司令部で原爆映画上映=平和を考える機会に、11月1日

陸軍司令部で原爆映画上映=平和を考える機会に、11月1日

来社した平崎さん

 ブラジル広島文化センター前会長で、現在最高顧問を務める平崎靖之さんが、原爆に関する邦画作品の上映会を11月1日(金)午前9時から、聖市イビラプエラ区の伯国陸軍南東軍司令部講堂(Av. Sargento Mário Kozel Filho, 222)で行う。ポ語字幕付きで、軍関係者向けだが一般の参加も可能。
 上映作品は『黒い雨』(監督=今村昌平、89年)、『原爆の子』(監督=新藤兼人、52年)。
 仕事の都合上、軍関係者と親交のある平崎さんは、マルコス・アントニオ・アマーロ・ドス・サントス氏が5月に南東軍司令部の総司令官に就任したことを受け、歓迎会を開いた。
 8月に聖市のジャパンハウスで、原爆に関する展示や講演などを行うイベント「平和週間」が開催された際も、平崎さんが軍関係者を招待。今回上映される作品のDVDを渡したところ、平崎さんと軍関係者の間で上映会の話が持ち上がった。
 平崎さんは数年前から伯国軍関係者に向けた上映会を考えており、「戦争に最も深く関わる軍関係者に、日本で起こったことを知ってもらい、今一度平和について考えてほしい」と語った。
 軍関係者でなくとも参加は可能。参加希望者は平崎さん(電話=11・99997・1634)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 11月1日に聖市の伯国陸軍南東軍司令部で行われる、原爆に関する映画作品上映会について、案内に来社した平崎靖之さんによると、上映作品『原爆の子』の監督、新藤兼人は平崎さんの親戚だとか。伯国軍関係者にとって今回の上映会は、日本で起きた原爆投下について知る貴重な機会。平崎さんの縁を生かして、伯国でも広く平和希求への思いが高まることを願うばかりだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ2017年5月24日 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ  琉球民謡保存会ブラジル支部(城間伸明(のぶひろ)会長)は、『第10回琉球民謡の祭典』を28日午後13時から、同県人会会館(Rua Tomas de Lima, 72, […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • 沖縄県人会=ウチナーンチュの日、27日=風船使う変わった琉球舞踊も2019年10月23日 沖縄県人会=ウチナーンチュの日、27日=風船使う変わった琉球舞踊も  ブラジル沖縄県人会・ブラジル沖縄文化センター(上原ミウトン定雄会長)は『ウチナーンチュの日』(知念悠司実行委員長)を27日午後2時(午後1時開場)から、聖市リベルダーデ区の沖縄県人会本部大サロン(Rua Dr. Tomaz de Lima, […]
  • あめりか丸の同船者会22日=今年還暦、59年9月着2019年8月22日 あめりか丸の同船者会22日=今年還暦、59年9月着  1959年9月13日ベレン港、同月27日サントス港に到着した「あめりか丸」の「第35回同船者会、ブラジル着伯60周年」を9月22日午前11時から、聖市アクリマソン区の「CHINA GARDEN」(Av. Turmalina, […]