ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 15日に起きたフランスのノートルダム寺院の火災は、全世界に衝撃と悲しみをもたらした。速報映像で映し出される炎上シーンはかなりショッキングなものだったが、中央の塔や天井は焼失したもの、建物の大半は難を免れたという。この火災に対してボルソナロ大統領は、「多くの人々が心のよりどころにするカトリックの教会が焼けたことは非常に残念だ」という声明を出した。いみじくも大統領は、大統領選期間中の昨年9月、同じく世界的な話題となったリオの国立博物館が火災に遭い、多大な損失を被った際に、「焼けてしまったものは仕方ないだろう」と語っていた。世界が相手だと言い方も変わるのか。
     ◎
 15日午後、サンパウロ市東部グアイアナーゼスの第68警察署で、建物の梁が落下する事故が起きた。幸い、落下先に人はいなかったが、警察車両2台の真上に落ち、どちらも大破した。1台はパトカーで、もう1台は秘密捜査用の車だったという。この件を受け、サンパウロ州保安局は建物の検査を行い、落下の原因などについて調べるという。州内では最近、同様の事故が増えており、今年最初の2カ月で昨年同期の2倍以上である54件の落下を記録しているという。
     ◎
 15日、国際サッカー連盟が、ブラジル・サッカー連盟(CBF)元会長のジョゼ・マリア・マリン氏の永久追放処分を決めた。マリン氏は、CBF主催の大型大会の放映権と引き換えにマーケティング会社から賄賂を受け取った容疑などで2015年に国外で逮捕された。ニューヨークでは既に、禁固4年の実刑判決も受けている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月30日 東西南北  サンパウロ市市長選に立候補しているギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が、ボルソナロ大統領を批判したとして、連邦警察から事情聴取を受けることになるという。また、インタビュー中に「ボルソナロ、辞めろ」と叫び、話題となった女子ビーチバレー選手のカロル・ソルベルグが、 […]
  • 東西南北2020年9月26日 東西南北  24日、イポッピによるボルソナロ政権への世論調査が発表され、「良い」が40%で「悪い」が29%と、政権発足後、最良の数字を記録した。ただ、「ボルソナロ大統領への信用度」は「信頼しない」が51%で、「信頼する」が46%だった。一方「悪い」と評価された分野は「失業対策」が60%、 […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボルソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボルソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]
  • 東西南北2020年9月22日 東西南北  20日に行われた女子ビーチバレーの大会で3位に入った2人組のチームのひとり、カロル・ソルベルグがインタビュー中に突然、「フォラ(やめろ)、ボルソナロ」と大統領を批判する発言を行い、話題となった。ブラジル・バレーボール連盟(CBV)は、この発言に強い不快感を示した。同連盟は、公 […]