ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル最高裁》刑執行の基準を再審理=「2審有罪後」の基準変更?=VJ報道以降の圧力あり=結果次第でルーラらに恩恵

《ブラジル最高裁》刑執行の基準を再審理=「2審有罪後」の基準変更?=VJ報道以降の圧力あり=結果次第でルーラらに恩恵

トフォリ長官(Alessandro Dantas)

 今日17日、最高裁はかねてから懸案となっていた「2審での有罪判決後に刑執行か否か」の審理を、3件の案件を通して行う。同件は、結果次第で、ルーラ元大統領をはじめ、全国19万人の受刑囚の服役継続か否かにも結びつくものであるため、注目されている。15、16日付現地紙が報じている。

 この審理は、ジアス・トフォリ長官が14日に「刑事訴訟法283条」にかかわる三つの裁判を行うと宣言したのを受けたものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ