ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル最高裁》刑執行の基準を再審理=「2審有罪後」の基準変更?=VJ報道以降の圧力あり=結果次第でルーラらに恩恵

《ブラジル最高裁》刑執行の基準を再審理=「2審有罪後」の基準変更?=VJ報道以降の圧力あり=結果次第でルーラらに恩恵

トフォリ長官(Alessandro Dantas)

 今日17日、最高裁はかねてから懸案となっていた「2審での有罪判決後に刑執行か否か」の審理を、3件の案件を通して行う。同件は、結果次第で、ルーラ元大統領をはじめ、全国19万人の受刑囚の服役継続か否かにも結びつくものであるため、注目されている。15、16日付現地紙が報じている。

 この審理は、ジアス・トフォリ長官が14日に「刑事訴訟法283条」にかかわる三つの裁判を行うと宣言したのを受けたものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 最高裁よ、お前もか!2019年10月1日 最高裁よ、お前もか! 新政権で後退し続ける汚職没滅の動き  最高裁が25、26日に行った審議により、今までに下されたラヴァ・ジャット作戦で摘発された有力者への有罪判決が30件以上も無効化されそうだ。「裁判所よ、おまえもか!」と言いたくなるような動きだ。  本紙28日付2面《最高裁=「LJ […]
  • 《ブラジル》大統領「無症状の人からの感染はゼロ」=WHOの発言を都合よく解釈2020年6月10日 《ブラジル》大統領「無症状の人からの感染はゼロ」=WHOの発言を都合よく解釈  ボウソナロ大統領は9日の閣議の席上、世界保健機関(WHO)が行った発言の一部を都合よく解釈し、商業活動の早期再開は可能とする発言を行った。これは、新型コロナウイルスの感染者が70万人を超え、死者数でも世界第2位の英国との差が段々縮まっている中での発言だった。9日付現地 […]
  • 《ブラジル》緊張高まる最高裁 vs.連邦政府=セウソ判事「刑法に従わねば大統領停職も」と一喝2020年6月3日 《ブラジル》緊張高まる最高裁 vs.連邦政府=セウソ判事「刑法に従わねば大統領停職も」と一喝  最高裁のセウソ・デ・メロ判事が1日夜、ボウソナロ大統領と次男カルロス氏の携帯電話押収要請をお蔵入りさせた。だが、「法的命令に従わない場合は停職も起こり得る」と大統領に注意を促す発言をするなど、依然、大統領と最高裁の緊張感は強いままと、2日付現地紙、サイトが報じている。 […]
  • 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」2020年6月2日 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」  5月31日、サンパウロ市パウリスタ大通りで反ファシズムを訴える平和的なデモ行進が行われたが、ボウソナロ大統領支持派の乱入により、大混乱が生じた。このところ、ボウソナロ大統領やフェイクニュース(FN)捜査の対象となった人物による、ファシズム、ナチス的な挑発的行為が相次い […]
  • 《ブラジル》教育相が黙秘権行使=「最高裁判事を刑務所に」供述で2020年6月2日 《ブラジル》教育相が黙秘権行使=「最高裁判事を刑務所に」供述で  アブラアン・ウエイントラウビ教育相は5月29日、「最高裁判事を全員刑務所に」と閣議で発言したことに関して、連邦警察で事情聴取を受けたが、黙秘権を行使し、無言を貫いた。5月30日付現地紙などが報じている。  ウエイントラウビ教育相の発言は、セルジオ・モロ前法相がボウソ […]