ホーム | コラム | 特別寄稿 | 将来は世界一の農業大国=ソロカバ在住 早川量通

将来は世界一の農業大国=ソロカバ在住 早川量通

 9月15日に開催された「第71回全伯短歌大会」は令和最初の記念すべき大会でした。そこで、まったく予想もしていなかったことに、私の作品が1位となりました。
 〈天と地を区切る稜線の果てしなく大豆実れるブラジルの大地〉――この短歌を見た友人の志方進さんが、作品に描いた壮大な大豆生産の様子を裏付けるようなデータを送ってくれました。私は漠然としたイメージからあの短歌を書きましたが、改めて数字で見て、感動しました。
 志方さんは、南米産業開発青年隊8期の同期生として、1962年に一緒に渡伯した仲間です。
 そのデータによれば、ブラジルの大豆の生産量は現在、アメリカ合衆国に次いで世界第2位です。近々アメリカを抜いて世界一の生産国になると信じます。
 調べてくださった資料によりますと、ブラジルのトウモロコシ・サトウキビ・コーヒー豆・綿花等の農産物は世界にあって主要農産物の地位を占めています。その現状が、この資料から一目瞭然に判ることと思います。
 ブラジルという土地は潜在資源、水資源に恵まれており、大型農業が可能です。その現実に鑑みて、すでに穀物の大生産国であり、将来はさらに、米国を抜いて世界第一位の地位を占めるのは夢ではないと思います。
 今のブラジルは、いかにも多くの政治家の腐敗が目立ちます。ですが、その中にあってすらも、これは未来に希望が伺える数字ではないでしょうか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]
  • ■ひとマチ点描■ブラジルコーヒーで真剣勝負2019年6月14日 ■ひとマチ点描■ブラジルコーヒーで真剣勝負  「ご来場のお客様から、うちの店のコーヒーに『おいしい!』とお褒めの言葉をたくさんいただき、午前11時のスタートから6時間、ドリップコーヒーを休まずに淹れ続けられた喜びは大きかったです」  そんなメールを送ってきたのは、大阪・京橋でスペシャリティコーヒー専門の自家焙煎 […]
  • ブラジル発見直後の或るユダヤ人=「パウ・ブラジル商人」の肖像=サンパウロ市ヴィラ・カロン在住 毛利律子2017年5月19日 ブラジル発見直後の或るユダヤ人=「パウ・ブラジル商人」の肖像=サンパウロ市ヴィラ・カロン在住 毛利律子  ブラジル北東部のペルナンブッコ州とアフリカ大陸の間の大西洋に、「フェルナンド・デ・ノローニャ島」という国内屈指の観光地として繁栄している群島がある。2001年に世界遺産リストに登録され、登録名は「フェルナンド・デ・ノローニャ諸島とロカス環礁の保護区群」である。  そ […]
  • やまと心の森林農法=アマゾン移住90周年に想う=神奈川県在住 松田パウロ=(中)2019年10月4日 やまと心の森林農法=アマゾン移住90周年に想う=神奈川県在住 松田パウロ=(中) 熱帯の知性  ブラジル国の日本人移民の初期の指導者として、南伯に東山農場の山本喜誉司。北伯に平賀練吉。敬称略は、歴史に名を刻む偉大な名前の証。  共に東京帝国大学で林学を専攻されているのは偶然ではない。  ブラジル国は日本人農業移住者を受け入れる111年前から、大 […]
  • アマゾン日本人移民90年の歩み=ベレン在住 堤剛太=(6)2019年8月16日 アマゾン日本人移民90年の歩み=ベレン在住 堤剛太=(6) ▼アマゾン地方と日本人とのつながり  ところで、日本人移民が入植するまでアマゾン地方に日本人は誰も居住していなかったのだろうか?  実は、1929年第1回アマゾン日本移民が入植した年には、同地方にすでに150名ほどの日本人達が居住していた記録が残っている。  これらの多く […]