ホーム | Free | 沖縄県人会=ウチナーンチュの日、27日=風船使う変わった琉球舞踊も

沖縄県人会=ウチナーンチュの日、27日=風船使う変わった琉球舞踊も

来社した一行

 ブラジル沖縄県人会・ブラジル沖縄文化センター(上原ミウトン定雄会長)は『ウチナーンチュの日』(知念悠司実行委員長)を27日午後2時(午後1時開場)から、サンパウロ市リベルダーデ区の沖縄県人会本部大サロン(Rua Dr. Tomaz de Lima, 72)で開催する。入場料30レ。
 2016年の「第6回世界ウチナーンチュ大会」で、当時の大会実行委員会会長である故・翁長雄志知事により、10月30日が「世界ウチナーンチュの日」として制定することが宣言された。
 それに合わせ、同県人会でも17年からイベントを開催。同県人会本部の青年部やうりずん会が中心となり、イベントの企画、資金集めなどを担当する。
 第3回目となる今回は、沖縄県から「ルンルンバルーン」が来伯。風船によるパフォーマンスと伝統の琉球舞踊を合わせた世界唯一の舞台を披露する。
 本イベントでは、第1部でブラジルの団体が空手、民謡、エイサーを発表。第2部で「ルンルンバルーン」がパフォーマンスを行う。
 同グループは世界各国で公演が行っており、今回もブラジルの前にペルーでもステージに立つ。ブラジルには21日に到着し、25日にはジャパン・ハウスで午後4時と午後7時に公演、26日にはサントス市でショーを行う予定だ。
 案内に来社した高良リツタダ副会長、知念実行委員長、島袋栄喜さんは「若い人たちが沖縄の伝統文化を維持し、ブラジル社会に広められる良い機会。大勢の人に観に来てもらえれば」と来場を呼びかけている。
 チケット購入や問合せは、同県人会(11・3106・8823)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本村末廣氏子孫の消息求む2020年11月24日 本村末廣氏子孫の消息求む  小川和久氏(静岡県立大学特任教授)は、母親・フサノさんの伝記執筆を考えており、そのために母親と共に移住した本村末廣氏(もとむら・すえひろ、熊本県出身)の消息情報や子孫の連絡先を探している。  小川氏の母・フサノさんは親戚の本村さん夫妻と、1917年4月20日日本発、6月15 […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第73話2020年11月12日 中島宏著『クリスト・レイ』第73話  この平野植民地は、第一回移民の時に通訳として移民たちと共に現場であるブラジル人農場に入り、彼らと苦労を共にした平野運平という人物が、独立自営の集団植民地として開拓を始めた所である。  笠戸丸で、集団としての日本人移民たちが初めてサントス港に着いたのは、一九0八年の六月一八日 […]
  • 東西南北2020年11月10日 東西南北  米国の大統領選挙で世界中が沸いた先週。バイデン氏当選に関して、ブラジル国内の一般の反応はニュースサイトのコメント欄を見ても概ね良好で、敗れたトランプ氏への反応も「2014年のブラジル大統領選のアエシオ氏のよう」とする声が目立った。左派の人にはむしろ、「民主党は米国版PSDB( […]