ホーム | Free | 沖縄県人会=ウチナーンチュの日、27日=風船使う変わった琉球舞踊も

沖縄県人会=ウチナーンチュの日、27日=風船使う変わった琉球舞踊も

来社した一行

 ブラジル沖縄県人会・ブラジル沖縄文化センター(上原ミウトン定雄会長)は『ウチナーンチュの日』(知念悠司実行委員長)を27日午後2時(午後1時開場)から、聖市リベルダーデ区の沖縄県人会本部大サロン(Rua Dr. Tomaz de Lima, 72)で開催する。入場料30レ。
 2016年の「第6回世界ウチナーンチュ大会」で、当時の大会実行委員会会長である故・翁長雄志知事により、10月30日が「世界ウチナーンチュの日」として制定することが宣言された。
 それに合わせ、同県人会でも17年からイベントを開催。同県人会本部の青年部やうりずん会が中心となり、イベントの企画、資金集めなどを担当する。
 第3回目となる今回は、沖縄県から「ルンルンバルーン」が来伯。風船によるパフォーマンスと伝統の琉球舞踊を合わせた世界唯一の舞台を披露する。
 本イベントでは、第1部で伯国の団体が空手、民謡、エイサーを発表。第2部で「ルンルンバルーン」がパフォーマンスを行う。
 同グループは世界各国で公演が行っており、今回も伯国の前にペルーでもステージに立つ。伯国には21日に到着し、25日にはジャパン・ハウスで午後4時と午後7時に公演、26日にはサントス市でショーを行う予定だ。
 案内に来社した高良リツタダ副会長、知念実行委員長、島袋栄喜さんは「若い人たちが沖縄の伝統文化を維持し、ブラジル社会に広められる良い機会。大勢の人に観に来てもらえれば」と来場を呼びかけている。
 チケット購入や問合せは、同県人会(11・3106・8823)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ2017年5月24日 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ  琉球民謡保存会ブラジル支部(城間伸明(のぶひろ)会長)は、『第10回琉球民謡の祭典』を28日午後13時から、同県人会会館(Rua Tomas de Lima, 72, […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • 陸軍司令部で原爆映画上映=平和を考える機会に、11月1日2019年10月16日 陸軍司令部で原爆映画上映=平和を考える機会に、11月1日  ブラジル広島文化センター前会長で、現在最高顧問を務める平崎靖之さんが、原爆に関する邦画作品の上映会を11月1日(金)午前9時から、聖市イビラプエラ区の伯国陸軍南東軍司令部講堂(Av. Sargento Mário Kozel Filho, […]
  • あめりか丸の同船者会22日=今年還暦、59年9月着2019年8月22日 あめりか丸の同船者会22日=今年還暦、59年9月着  1959年9月13日ベレン港、同月27日サントス港に到着した「あめりか丸」の「第35回同船者会、ブラジル着伯60周年」を9月22日午前11時から、聖市アクリマソン区の「CHINA GARDEN」(Av. Turmalina, […]