ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》海岸汚染の原油を炭に変換=セメント製造や建設などで再利用?

《ブラジル》海岸汚染の原油を炭に変換=セメント製造や建設などで再利用?

原油から出来た炭素化合物(Divulgacao/UFBA)

 8月30日以降、ブラジル北東部9州の海岸などに漂着し、海洋性の動植物や産業などに多大な影響を与えている原油を、炭素化合物(炭)に変えて、再利用する試みが行われている。
 厄介物の原油の一部を再利用する試みは、バイア州連邦大学(UFBA)の化学研究室で行われている。
 UFBAによると、化学研究室で開発した生物反応促進剤(酵素)を使うと、有機化合物の分解が早まり、原油も60分で炭に変わるという。
 UFBAのゼニス・ノヴァイス・ダ・ロッシャ教授は、「我々は生の食材や調理後の食材の残りを分解するのにも酵素を使っており、椰子の実から有機肥料を作ったりもしている。我々が開発した酵素が食物の残りや椰子の実を分解するのに威力を発揮するなら、原油にも有効だと判断したところ、予想通りの結果が出た」と説明している。
 この研究室で使っている機械は1日40キロの原油を炭に変える事が可能で、現在は、16日にボランティア達が持ってきた原油を使って実験を行っている。原油はこれからも同研究室に届けられる予定だ。
 同教授によると、アセトンとおがくず(または市販のアルコール)を混ぜて大型ミキサーに入れ、酵素を加えてから原油を投ずると、分解が進み、炭が出来るという。
 ロッシャ教授によると「反応促進剤は酵素だから土壌や植物、動物の組織を破壊しないし、効果的だ」という。
 酵素によって分解して出来る炭は、木炭とは形状が異なる。原油から出来た炭の効果的な利用方法確定には、今後の研究を待つ必要があるが、現在は、木炭のような燃焼効果があるか、工場の機械を動かす動力源として使えるか、アスファルトや建設現場で使うコンクリートブロックに混ぜて使えるかなど、複数の用途が考えられている。
 このプロジェクトは、人類がもっと環境保護に心を向ける事を願うフランシスコ法王の要請に従い、「フランシスコ・コンポスト・プロジェクト」と名付けられた。
 なお、ブラジル海軍が21日に発表したところによると、18日から20日にアラゴアス、バイア、ペルナンブコの3州で回収された原油だけで525トンに上る。国立再生可能天然資源・環境院(Ibama)は、原油汚染が起きている海岸は9州で200カ所を超えている事も明らかにした。(21日付UOLサイト、同ヴァレラ・ノチシアスなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》ドニゼッティ司祭が福者に 少年の足を手術をせずに直す奇跡起こす2019年4月10日 《サンパウロ州》ドニゼッティ司祭が福者に 少年の足を手術をせずに直す奇跡起こす  6日、ローマ法王は、サンパウロ州タンバウーの聖職者だったドニゼッティ・タヴァレス・デ・リマ司祭(1882年~1961年)を、福者に認定した。  この知らせは7日、タンバウーのノッサ・セニョーラ・アパレシーダ聖堂で行われたミサで公にされた。  ドニゼッティ司祭を福者 […]
  • 《リオ市》3日夜からカーニバルのパレード=今年も政治色強い内容に=注目のエスコーラは?2019年3月2日 《リオ市》3日夜からカーニバルのパレード=今年も政治色強い内容に=注目のエスコーラは?  3日夜から5日朝にかけて、リオ市サプカイのサンボードロモで、毎年恒例のカーニバルのスペシャル・グループによるデスフィーレ(パレード)が行われる。以下、今年のハイライトを紹介する。  昨年、3年ぶりに1位を奪還した強豪エスコーラ、ベイジャ・フロールは、「まだ見てない者 […]
  • 《ブラジル女子サッカー》=直近国際試合で7連敗=6月の女子W杯は望み薄?2019年3月12日 《ブラジル女子サッカー》=直近国際試合で7連敗=6月の女子W杯は望み薄?  世界最高選手賞に6度も輝いたマルタを擁するサッカーのブラジル女子代表が、直近の国際試合では7連敗と苦しんでいる。  2月末から今月初旬まで、アメリカで行われたシー・ビリーブス・カップで、イングランド、日本、アメリカに3連敗を喫し、ブラジル女子代表の昨年8月からの国際 […]
  • 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に2019年2月19日 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に  サンパウロ州では昨年、ほぼ36時間に1人の割合で、女性を狙った犯罪(フェミシジオ)で殺害事件が起きていたことがわかった。18日付現地紙が報じている。  州保安局のデータによると、州内で殺人事件(この場合、強盗殺人と故意の殺意が無かった場合は除く)によって亡くなった女性の数は […]
  • 地元勢が男女とも総合優勝=聖南西で相撲選手権大会2019年7月17日 地元勢が男女とも総合優勝=聖南西で相撲選手権大会  聖南西文化体育連合会(UCES、山村敏明会長)は「第63回聖南西相撲選手権大会」を6月23日、カッポン・ボニート文化体育協会常設土俵場で開催した。  約200人の力士が出場、約100人が観戦・応援に駆けつけ、各階級の結果により地域別のチームで対抗の総合得点は、地元の […]