ホーム | Free | 沖縄芸術家作品展29日から=USPで作品展、JHで講演

沖縄芸術家作品展29日から=USPで作品展、JHで講演

イベントの案内広告

 地域文化研究会「ゆがふ舎」(平井真人代表、在沖縄県那覇市)とサンパウロ大学(USP)は、日本の芸術家による染織・書道などの作品展、ワークショップを29日(火)~11月1日(金)、USP内の美術館(R. Praça do Relógio, 160 – Butantã)で開催する。
 11月2、3日にはジャパン・ハウス(以下JH/Av. Paulista, 52 – Bela Vista)で、染織家・平井氏が講演なども行う。いずれも入場、参加無料。
 作品展のテーマは「平井真人と『ゆがふ舎』に集う人びとの作品展 in ブラジル 2019―手仕事でつながる世果報(ゆがふ)・共生―」。海外での作品展開催は初となる。「世果報」はウチナーグチで「平和で豊穣な世」を意味する。
 USP展示会場では、ゆがふ舎の活動に参加する芸術家30人による染織、陶器、書道、写真などの手工芸品が楽しめる。日本から14人が来伯予定。開館は29日~11月1日の午前10~午後8時で、29日午後6時からは開会式を行う。期間中のワークショップはすでに満席。
 JHでは11月2、3日の午後3~4時半に、平井氏が講演「私の布染織術」と作品の公開制作を行う。
 ゆがふ舎は、平井氏の生家である古民家の修復作業を通して集まったメンバーで構成。古民家修復を通して手仕事の重要性を再認識したことを機に、地域の文化遺産を訪ね、展覧会も開きながら、手仕事の意義を伝えることを目的に活動を行っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 平野恭子副領事が帰朝=「日系社会のおかげでJH成功」2019年11月9日 平野恭子副領事が帰朝=「日系社会のおかげでJH成功」  在サンパウロ日本国総領事館の広報文化班に2017年4月から赴任していた平野恭子副領事(33、東京都)が7日に任務を終えるに当たり、帰国の挨拶に来社した。  ジャパン・ハウスの開館1カ月前に着任し、立ち上げや軌道に乗せるところまでを支えてきた。「2年半、日系社会の皆さ […]
  • 大阪聖姉妹都市、半世紀の節目=副市長ら18人が慶祝来聖=コーバス市長「借り必ず返す」2019年9月3日 大阪聖姉妹都市、半世紀の節目=副市長ら18人が慶祝来聖=コーバス市長「借り必ず返す」  大阪市と聖市が1969年に姉妹都市提携を結んでから、今年で50周年を迎えた。半世紀の節目を祝うため、大阪市から中尾寛志副市長ら18人が来聖。両市は20~24日にかけて聖市各地で記念イベントを行った。20日に聖市役所で行われた記念式典にはブルーノ・コーバス市長らが出席し […]
  • 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会2019年9月10日 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会  「日系人にとって郷土料理とは何か」、「日系人にとって郷土とは何か」、「現在日本における『日本文化?』の流動性」、「言葉とアイデンティティの関係を過度に重視する問題」――などなど、気になるキーワードがたくさん専門家から語られた興味深い国際学会が4~6日に、聖市のジャパン […]
  • MUFGバンク=ブラジル進出100周年=藤田・二宮USP講座に寄付=日伯関係者がJHで記念式典2019年7月26日 MUFGバンク=ブラジル進出100周年=藤田・二宮USP講座に寄付=日伯関係者がJHで記念式典  MUFGバンク(ブラジル)が今月、当地進出100周年を迎えたことを記念し、国際協力機構(JICA)がサンパウロ総合大学(USP)法学部国際法・比較法学科で今年3月から始めた「日本開発経験研究プログラム(フジタ・ニノミヤチェア)」に寄付を表明した。これを公表するために2 […]
  • 大阪・聖姉妹都市提携50周年=50周年記念式典20日に=中尾副市長ら使節団18人来伯2019年8月17日 大阪・聖姉妹都市提携50周年=50周年記念式典20日に=中尾副市長ら使節団18人来伯  サンパウロ市と大阪市が1969年に姉妹都市提携をして、今年で50年目を迎えた。それを記念して19日~22日まで4日間、中尾寛志(ひろし)大阪市副市長を団長とした18人が使節団として来伯し、サンパウロ市主催、大阪市共催してサンパウロ市役所で開催される姉妹都市50周年式典 […]