ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》職員が麻疹感染で診察停止=ジャウー市のアマラル・カルヴァーリョ病院で

《サンパウロ州》職員が麻疹感染で診察停止=ジャウー市のアマラル・カルヴァーリョ病院で

 麻疹(はしか)流行で患者数もダントツの全国一のサンパウロ州で、内陸部の病院職員が麻疹に感染し、外来患者の診察などが一時的に停止される事態が起きた。
 サンパウロ州の患者はサンパウロ市が最も多いが、最近は、サンパウロ市の患者増加率が鈍り、内陸部などに広がり始めていた。
 そんな矢先に流れてきたのが、ジャウー市のアマラル・カルヴァーリョ病院で診察を停止したとのニュースだ。
 同病院の職員は2千人おり、18日の時点で麻疹感染が疑われる職員が15人いたが、感染が疑われる職員の数が23人に増えた上、21日に職員1人の感染が確認されたため、少なくとも28日まで、外来患者の診察など、緊急のケース以外の対応を停止する事を決めた。
 病院側によると、同病院の患者の中からは麻疹感染が疑われる患者は現れていないという。
 同病院はがん治療で全国的に知られ、骨髄移植では南半球一を誇る。全国から集まっている患者の数は7万人以上に上っている。(23日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ》新築アパートが小型化=ライフスタイルの変化が原因2019年11月12日 《サンパウロ》新築アパートが小型化=ライフスタイルの変化が原因  ここ10年余りで、サンパウロ市の新築アパートの平均面積は27%も縮小した。  ワンルームタイプに限れば、その縮小率はもっと大きくなる。2009年には平均55・7平方メートルだったのが、2019年7月のデータでは33・2平方メートルへと、40・3%も小さくなった。  また、 […]
  • 《サンパウロ市》コーヴァス市長の退院延期=化学療法後、心臓に血栓見つかる2019年11月5日 《サンパウロ市》コーヴァス市長の退院延期=化学療法後、心臓に血栓見つかる  癌の化学治療(療法)で入院中のブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長の心臓に新たな血栓が見つかり、退院が延期された。4日付現地紙サイトが報じている。  入院先のサンパウロ市シリオ・リバネス病院によると、この血栓は3日に行われたエコカルディオグラム(心臓超音波検査)で見つかっ […]
  • 《サンパウロ市》プラスチック製使い捨て食器禁止へ=罰金は最大で8千レアル2019年11月9日 《サンパウロ市》プラスチック製使い捨て食器禁止へ=罰金は最大で8千レアル  サンパウロ市議会は7日、市内のバー、ホテル、レストラン、その他の商業施設で、使い捨てのプラスチックコップや食器を使うことを禁じる条例を承認した。8日付現地各紙が報じている。  これにより、石油化学系合成樹脂のプラスチック製使い捨て食器(ナイフやフォーク、コップ、皿、飲料類を […]
  • 《ブラジル》障害者用の車の販売が急増=割引制度採用で3倍以上に2019年10月26日 《ブラジル》障害者用の車の販売が急増=割引制度採用で3倍以上に  障害または運動制限がある人(PCD)向けの特別仕様の車や、そのような人の世話をする家族や責任者が使うための車の販売数が増えている。  ブラジル支援技術産業、商業及びサービス協会(Abridef)によると、2018年のPCDやその家族に対する新車の販売数は26万4300台で、 […]
  • 《サンパウロ市》リベルダーデ区のナイトクラブで不法銃摘発=中国人の経営者を逮捕2019年10月31日 《サンパウロ市》リベルダーデ区のナイトクラブで不法銃摘発=中国人の経営者を逮捕  28日、聖市リベルダーデ区の出会い系ナイトクラブで、武器の不法所持容疑で中国人の経営者が逮捕された。30日付現地紙が報じている。  軍警による捜査のきっかけは、この場で自殺を図ろうとしたことが疑われる電話を受けたためだが、軍警が駆けつけた時には顧客は誰もいなかった。  軍 […]