ホーム | ブラジル国内ニュース | チリ=デモでの死者が18人に=4歳の少女まで犠牲に

チリ=デモでの死者が18人に=4歳の少女まで犠牲に

 チリで先週から激化したデモは現在も続いており、犠牲者は4歳の子供も含む18人となった。24日付ブラジル国内紙が報じている。
 22日までの犠牲者は15人と報じられていたが、23日に3人増え、18人となった。
 23日に亡くなった4人のうち、4歳の少女と1人の男性は、飲酒運転の自動車の運転手が、デモ隊に突っ込んで人をはねた際に亡くなった。
 さらにもう一人は、警察から受けた暴力によって死亡した。
 3人目の死者は、デモ激化以来、初めて、治安関係者がデモに参加した人たちを殺害したことをチリ政府が認めた例となった。同国のエルナン・ラライン法相は、犠牲者や負傷者に対する遺憾の意を表明している。
 ただし、22日までの死者15人のうち、4人は治安関係者が使用した火器で被弾した犠牲者とされている。残りの人たちは、火災や商店略奪などに巻き込まれたとされている。
 同国の主要な組合と社会運動団体は23日と24日にゼネストを宣言しており、各地で抗議行動が展開されている中での死者増加となった。
 同国では夜間外出令が継続して出されているが、治安回復には時間がかかりそうだ。フランシスコ法王は23日、同国関係者に対話を求めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第79話2020年11月24日 中島宏著『クリスト・レイ』第79話  この植民地は、プロミッソンの駅から四キロ辺りの地点から始まり、ボン・スセッソ、ゴンザーガ、ビリグイジーニョの地区にまたがる、約一千四百アルケール(約三千四百ヘクタール)の土地であった。その大半が高地に位置し、平野植民地のような湿地帯はなかった。ゴンザーガ地区には部分的に低地が […]
  • 《ブラジル》ボルソナロ=いつバイデン当選を承認か=世界から取り残され、政権内でも孤立化=再集計逆転の期待は絶望的に2020年11月21日 《ブラジル》ボルソナロ=いつバイデン当選を承認か=世界から取り残され、政権内でも孤立化=再集計逆転の期待は絶望的に  米国大統領選でジョー・バイデン氏が当選確実と言われ始めてから2週間になるが、ボルソナロ大統領は世界でも数少なくなった「承認を行っていない大統領」として注目されている。当初、ボルソナロ側近が主張していた「トランプ大統領の求める複数の州の再集計」による大逆転の可能性がほぼ […]
  • 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?2020年11月17日 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?  最近、グローボTV局の看板キャスターが次々に画面から消えていることを不審に思っている読者も多いだろう。どこへ消えたのか――。実はその大半はCNNブラジルに行き、「グローボもどき」になっている。移籍報道を読むと「待遇の悪さから辞職した」などの当人たちの生々しいコメントも […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • JETROサンパウロ所長交代=大久保所長帰国、後任は原氏2020年11月11日 JETROサンパウロ所長交代=大久保所長帰国、後任は原氏  「5年間本当にお世話になりました」││JETROサンパウロ事務所所長を5年間勤めた大久保敦氏(群馬県・56歳)は10月23日のオンライン取材でそう語った。  経済産業省が所管する独立行政法人・日本貿易振興機構(JETRO)サンパウロ事務所では、5年間所長を勤めた大久 […]