ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 23日夜、サッカーのリベルタドーレス杯準決勝第2試合、ブラジル勢同士の対決となったフラメンゴ対グレミオは、フラメンゴが怒涛の攻撃で5―0(2試合合計6―1)とし、同杯3年連続ベスト4入りの強豪グレミオを粉砕。地元マラカナンの応援団を沸かせた。この試合、前半は緊迫していたが、前半43分に先制後はフラメンゴの攻勢が止まらなくなった。フラメンゴは8月4日以降、2カ月以上負けがない。同杯の決勝進出は、あのジーコを擁して優勝した1981年以来、38年ぶり。決勝の相手は昨年の覇者でもあるリーヴェル・プレイト(アルゼンチン)で、決勝は11月23日にチリのサンチアゴで行われる。
     ◎
 アジア歴訪中のボルソナロ大統領は24日、日本から中国に移動した。大統領が中国到着後、すぐに放った言葉は「中国は資本主義の国」だ。1年ほど前は、同国からの投資急増を受け、「ブラジルが共産国家に買われようとしている」と発言し、話題になっていた。ボルソナロ氏はG20に参加した時も、ロシアのプーチン大統領に鋭い眼光で見つめられてこわばった表情になり、ブラジル国内では「怖がってる?」と揶揄もされた。中国とはうまく交渉できるか?
     ◎
 サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が23日、シリオ・リバネス病院に入院した。病名は「丹毒(たんどく)」という、化膿性の皮膚の炎症。溶連菌の感染で起こるもので、症状としては光沢を帯びてはれ上がった赤い班ができ、頭痛や発熱を伴うことも珍しくないとか。症状を想像すると痛々しいが、大事を祈りたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 東西南北2018年10月5日 東西南北  選挙直前になって連日のように世論調査の結果が発表されている。既に本面でも書いているように、ボルソナロ氏とハダジ氏の2人を軸にした展開で、少し前まではそこまで差がなかった、ジェラウド・アウキミン氏、シロ・ゴメス氏、マリーナ・シウヴァ氏は苦しい展開に。もっともこの3人、ネット上の […]
  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]
  • 《記者コラム》チリやコロンビアの若者を見習って日本も意思表示したら?2021年5月25日 《記者コラム》チリやコロンビアの若者を見習って日本も意思表示したら?  「今から自分たちの憲法を作るんだ!」という意気揚々としたチリのニュースを聞きながら、国民の勇気をうらやましく思った。世界でも「SNS時代初の憲法」として注目されている。  というのも、本紙2019年11月19日付《憲法改正したら「人権は守られなくなる」のか?》(ht […]