ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》海賊版で稼ぐ犯罪者摘発=違法なサイトやアプリ凍結へ

《ブラジル》海賊版で稼ぐ犯罪者摘発=違法なサイトやアプリ凍結へ

404作戦に参加した警察車両(Divulgação)

 法務省の指揮で12州の市警が連携し、映画や連続ドラマ、テレビ番組などを違法な形で流している210件のサイトや100件の不法なアプリを摘発する作戦が、1日に実行された。
 電子版の海賊版摘発の目的は、これらのサイトやアプリを凍結または差し止め、インターネット検索などにも出てこないようにする事だ。もちろん、これらのサイトに関連するソーシャルネットワーク上のプロフィールやページの削除も行う。
 海賊版の摘発は、アマゾナス、バイア、エスピリトサント、ゴイアス、マット・グロッソ、ミナス・ジェライス、リオ・グランデ・ド・ノルテ、リオ・グランデ・ド・ノルテ、パライバ、ペルナンブコ、サンタカタリーナ、サンパウロの12州で行われた。
 「404作戦」と命名された作戦には、米国大使館や米国司法当局なども含む、国内外の諸機関が協力している。
 市警によると、国内で最もアクセスが多い方から上位10の不正サイトは、2018年に計13億回のアクセスを受けている。これらの10の不正サイトは、2015年の8月から16年の8月に1700万レアルの収益を上げたという。
 市警では、ブラジル国内にはテレビ番組を不正に流すための違法なシグナルが約420万回線あり、損失額は年間90億レアルと見ている。
 サンパウロ州では組織犯罪捜査課が参加し、サンパウロ市内4カ所、内陸部5カ所の計9カ所で家宅捜索を実施。携帯電話やノートブック、パソコン、火器などを押収する一方、3人を現行犯として逮捕した。(1日付G1サイト、同アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》原油漂着問題=観光業への影響回避考えた=対応の遅れで環境相が弁明2019年11月8日 《ブラジル》原油漂着問題=観光業への影響回避考えた=対応の遅れで環境相が弁明  【既報関連】8月30日から続く北東部への原油漂着に関し、政府側の対応策や原因及び責任者解明への取り組みについて問うべく、下院が6日にリカルド・サレス環境相を招いた公聴会を開いたが、実態とは程遠い認識や的外れな配慮がされていた事などが明らかになったと6、7日付現地紙・サ […]
  • デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍2019年9月13日 デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍  保健省が11日、8月24日現在のデング熱患者は143万9471人で、昨年同期の7倍(599・5%増)と発表したと11、12日付現地紙、サイトが報じた。  26州と連邦直轄区の内、昨年同期より患者が少ないのはアマパーとアマゾナスの2州だけ。患者が増えた25の自治体の内 […]
  • 《ブラジル》バイア州南部にも原油漂着=国が海岸清掃に軍兵士投入=幽霊船関与の疑惑強まる2019年10月23日 《ブラジル》バイア州南部にも原油漂着=国が海岸清掃に軍兵士投入=幽霊船関与の疑惑強まる  【既報関連】8月30日から北東部の海岸に漂着し始めた原油が、22日にはバイア州南部の海岸にも到達したと同日付G1サイトが報じた。  原油漂着が最初に確認されたのはパライバ州コンデ市とピチンブ市で、10月3日にはバイア州にも到達。同州の海岸汚染は徐々に広がり、遂に南部 […]
  • 世界一の洋上書店がリオに=80万冊の本を載せて6日まで2019年10月3日 世界一の洋上書店がリオに=80万冊の本を載せて6日まで  全長132・5メートル、9階建ての大型船舶を使った、世界一の洋上書店ロゴス・ホープ号がリオのプラッサ・マウア埠頭に停泊している。  ロゴス・ホープ号のブラジル寄港は初めてで、アルゼンチンからブラジルを経てカリブ海に向かう。8月中はサンパウロ州のサントス港に停泊してい […]
  • ドッセ川の河口は修復不能=マリアナのダム決壊事故で2019年8月28日 ドッセ川の河口は修復不能=マリアナのダム決壊事故で  15年11月5日に起きたミナス州マリアナの鉱滓ダム決壊事故で、エスピリトサント州リニャレス市のドッセ川河口の地形や生態系に修復不能な損失が生じている事が確認されたと26日付現地紙サイトが報じた。  この研究報告は、サンパウロ州立カンピーナス大学(Unicamp)の博 […]