ホーム | 日系社会ニュース | INB=創立10周年で移民史出版=『歴史を見つめて、百十周年』

INB=創立10周年で移民史出版=『歴史を見つめて、百十周年』

北川会長、ベアトリスさん、マシャドさん

 ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(Institudo NAK do Brasil=INB/北川ジューリア好美会長)は、昨年の日本移民110周年を記念した書籍の出版とINB創立10周年を祝う式典を10月23日(水)午後6時半から、サンパウロ市のジャパン・ハウスで行い、関係者ら約100人が祝った。
 出版されたのは『Um Olhar na História: 110 Anos da Imigração Japonesa no Brasil(歴史を見つめて ブラジル日本移民百十周年)』(エリアネ・マシャド著、ロヨラ出版、196ページ、日ポ対訳)。親日ブラジル人の目から見た日本移民110年史で、広範な逸話が盛り込まれ、その中にはINBも含まれている。

ブラジル日立のクラウジオ・タンクレジ=カントリー・マネージャー

 最初にジャパン・ハウスのマルセロ・マトア・アラウジョ館長、スポンサーのブラジル日立のクラウジオ・タンクレジ=カントリー・マネージャーが祝辞を述べた。

著者のエリアネ・マシャドさん

 著者のエリアネ・マシャドさんは挨拶で、「INBの北川朗久(あきひさ)名誉会長を『センセイ』と呼んで深く尊敬しており、その敬意からINBの法人化などを手伝ってきた」と説明した。昨年マシャドさんはこの本の企画を思いつき、ルアネー法(連邦税免税処置)申請からスポンサー探し、調査・執筆までを一年がかりで献身的にこなしてきた。
 続いてINBの北川会長は「エリアネさんは、移民110周年とINB10周年を祝う素晴らしい企画を立てて私達にプレゼントしてくれた。心から感謝します」と喜んだ。病床に伏す北川朗久さんの代理で、娘のベアトリスさんがマイクを握り、「父にここにいてほしかった。この想いを伝えます」と声を震わした。
 北川名誉会長は1997年1月に日本アマチュア歌謡連盟(NAK)のブラジル支部を創立し、09年にマシャドさんが書類手続きを担当して法人化を果たした。NAK時代から主催する紅白歌合戦は今年12月に第25回目の節目を迎える。
 式典のあと、ブラジル日本移民110周年祭典委員会を代表して呉屋晴美委員長が、経歴紹介から始め、記念事業として新施設を建設中の国士舘スポーツセンター改修計画の話や昨年一年間の活動報告をした。

 スザノで北川名誉会長から歌を習っている中島美津さんは「知らない話をたくさん聞けてよかった」、同じく教え子の森時恵さんも「すごく良かった。北川先生は気が短いけど、優しく教えてくれる」と讃えた。
 同書籍の希望者は北川会長(電話=11・97530・9082)まで連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジルNAK=創立10周年で書籍出版=『歴史を見つめて、110周年』2019年10月19日 ブラジルNAK=創立10周年で書籍出版=『歴史を見つめて、110周年』  ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(Institudo NAK do Brasil=INB/北川ジューリア好美会長)は、昨年の日本移民110周年を記念した書籍の出版とINB創立10周年を祝う式典を23日(水)午後6時半から、ジャパン・ハウス(Av. Paulista, […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]
  • 八木書店=400年前の「日葡辞書」刊行=リオで発見、原本を高精細カラーで2020年4月18日 八木書店=400年前の「日葡辞書」刊行=リオで発見、原本を高精細カラーで  古典や古文書の複製出版に取り組む八木書店(東京都千代田区)が3月30日、日本語にポルトガル語で注釈を付した『リオ・デ・ジャネイロ国立図書館蔵 日葡辞書』=写真=を刊行した。400年前に日本に来た宣教師が、布教や信者の告白を聞くために参照したとされるキリシタン版辞書。ロ […]
  • 日伯比較法研究の新たな時代到来=第2回日伯裁判と社会セミナー2019年10月10日 日伯比較法研究の新たな時代到来=第2回日伯裁判と社会セミナー  9月16、17日の2日間、サンパウロ州立総合大学(USP)法学部で、第2回「日伯訴訟と社会セミナー、文化の多様性とグローバルな課題」が開催された。信州大学とUSPとの間の協定により実現され、日伯の様々な研究機関と研究分野の法律関係者や学者が集まり、意見を交換する貴重な […]
  • 《ブラジル》世界で4冊目の日葡辞書発見=白井、田代両氏がリオで=1603年に長崎で出版2018年10月10日 《ブラジル》世界で4冊目の日葡辞書発見=白井、田代両氏がリオで=1603年に長崎で出版  「南米にはないと思われていたキリシタン版『日葡辞書』を9月17日、リオ国立図書館で発見しました」――5日、サンパウロ州立総合大学(USP)東洋学科の田代エリザ准教授と信州大学の白井純准教授が来社し、そう語った。「キリシタン版」とは1600年前後に長崎でイエズス会が発行 […]