ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》6月14日まで現状規制=第3波恐れ緩和は延期へ

《サンパウロ州》6月14日まで現状規制=第3波恐れ緩和は延期へ

 サンパウロ州の新型コロナ対策の「プラノSP」が、コロナ第3波を警戒し、6月1日から行う予定だった外出自粛の規制緩和をとりやめ、6月14日まで現状の商業、サービス活動の営業時間と規模を維持することになった。26日付現地サイトが報じている。
 26日、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は記者会見の席で、「現状の規制は5月31日までのはずだったが、6月14日まで延長することに決めた」と語った。
 これにより、ショッピング・センター、レストランやバー、ジム、美容院、映画館などの文化施設の営業は、これまで通り午後9時まで、営業規模も収容可能な人数の40%までとなった。当初の予定では6月1日からは午後10時までの営業で、60%までの規模拡張のはずだった。

 コロナ対策班コーディネーターのパウロ・メネゼス氏は、現状規制延長の判断について、「先週の時点では過去14日間の感染者が人口10万人につき370人だったが、現在は418人になった。入院患者も10万人につき72人が77人に増えている」と説明した。
 サンパウロ州でのコロナ第3波の可能性は先週から指摘されはじめており、25日には内陸部での新しい変異株発見と報告されている。
 この日はワクチン接種計画に関しても発表があり、8月2日から16日に50〜54歳、17日から31日に45〜49歳に対する接種が行われることとなった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》「食べるコーヒー」売れ行き好調=1年間で100万箱以上売れる2021年6月18日 《ブラジル》「食べるコーヒー」売れ行き好調=1年間で100万箱以上売れる  立ち上げから3年のスタートアップ「カフェネ・インノヴァ(Cafene Innova)」が150万レアルを投じて開発した「固形コーヒー」(café […]
  • 《ブラジル》感染再拡大傾向が顕著に=死亡率約3千人/100万人=アララクアラ市が再都市封鎖2021年6月18日 《ブラジル》感染再拡大傾向が顕著に=死亡率約3千人/100万人=アララクアラ市が再都市封鎖  サンパウロ州内陸部のアララクアラ市が17日午前、2月に次ぐロックダウン(都市封鎖)採用を宣言した。同日正午現在では開始日などの詳細は未発表だが、5月に出た市長令に従えば最低7日間の外出規制が敷かれる事になると16、17日付現地サイトが報じた。  5月24日に出た市長 […]
  • 下本氏コロナ感染で日系政治家運動イベント延期2021年6月18日 下本氏コロナ感染で日系政治家運動イベント延期  今月25日オンラインで第10回日系政治家運動シンポジウムの開催が予定されていたが、主催者の下本八郎元サンパウロ州議がコロナ感染により入院治療中のため、延期になったと事務局から連絡があった。  「関係各位にはご迷惑をおかけしますが、今後共日系政治家運動へのご支援をお願いして延 […]
  • 《ブラジル》臨終間近のコロナ患者を歌で看取る=穏やかに寝付き数時間後に昇天2021年6月17日 《ブラジル》臨終間近のコロナ患者を歌で看取る=穏やかに寝付き数時間後に昇天  「ハレルヤ、ハレルヤ(主をほめ讃えよ)」――ピアウイ州コレンテ市の病院で、新型コロナ感染症で入院していた女性に死期が迫っている事を感じた医師が、患者を落ち着かせるためにその傍らで歌ったところ、女性も一緒に歌った上、歌を聴きながら寝入り、数時間後に息を引き取るという出来 […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]