ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》セミナーの名を借り集団旅行=公金横領で市議11人逮捕

《ブラジル》セミナーの名を借り集団旅行=公金横領で市議11人逮捕

旅行帰りに逮捕された市議達(5日付G1サイトの記事の一部)

 パライバ州州都ジョアン・ペッソアに近い、サンタリタ市の市議11人が、公金横領の容疑で5日未明に逮捕された。
 パライバ州検察局が指揮した「ナタル・ルス作戦」で逮捕された市議11人は、リオ・グランデ・ド・スル州グラマド市で開催されていたセミナーに出席するとの名目で旅行した帰りで、公金横領の現行犯として逮捕された。
 また、市議会付きの会計士1人も関与が疑われて逮捕された。
 同件の捜査は、検察や市警、軍警などが参加する組織犯罪対策特別班(GAECO)が担当。パライバ州の市議達が参加したというセミナーの企画と旅行を扱ったのはセルジッペ州の業者だったため、最終的にはパライバ州とリオ・グランデ・ド・スル州のGAECO、セルジッペ州の市警の合同捜査となった。
 パライバ州GAECOのアラン・テルエル警部によると、旅行中の市議達や同伴者達の行動は全て監視していたという。また、セルジッペ州の市警による業者の情報からも今回の旅行の目的はレジャーと観光である事は明らかだという。
 逮捕者の中には議長のアネージオ・アウヴェス・デ・ミランダ・フィーリョ氏も含まれていた。今回の旅行は、日当だけで6万9千レアルかかっていたという。
 パライバ州検察局によると、セルジッペの業者は、サンタリタ市議会から、2018年に4万9200レアル、2019年も5万8200レアルを受け取っている。さらに、2017年からは、市議達の職能や資質を高めるとの名目のセミナー参加が恒常化していたという。
 市議達が過去に参加したセミナーは、ペルナンブコ州、リオ・グランデ・ド・ノルテ州、パラナ州で開催されており、市議会がセミナー経費として払った金額は日当だけで、17年31万6711・88レアル、18年42万5798レアルとなっている。19年も既に58万5492・24レアルが払い出されているという。(5日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ドウラードスで日伯文化週間2004年7月27日 ドウラードスで日伯文化週間 7月27日(火) […]
  • ブルークローバー月間開始=前立腺ガンの啓蒙、発見は2016年11月2日 ブルークローバー月間開始=前立腺ガンの啓蒙、発見は  11月1日から、男性の健康に留意を促し、各年代に応じた啓蒙活動などを行う「ブルークローバー月間」が始まった。 […]
  • コラム オーリャ!2003年8月13日 コラム オーリャ!  京セラ名誉会長の稲盛和夫さんの経営哲学では「マラソンでなく常に百メートルダッシュで走る以外に方法はありません」という。経営危機に陥った盛和塾の塾生に「あなたは本当に〃誰にも負けない努力〃をしましたか」と稲盛塾長は念を押すという。 […]
  • 秋篠宮両殿下=皇室初の南マットグロッソ御訪問=CG文協で記念碑を除幕=南パンタナールも御堪能2015年11月6日 秋篠宮両殿下=皇室初の南マットグロッソ御訪問=CG文協で記念碑を除幕=南パンタナールも御堪能  【既報関連】御来伯中の秋篠宮同妃両殿下は、1、2の両日に南マットグロッソ州を御訪問。皇室の同州公式訪問は初。州都カンポ・グランデでは日系団体主催の歓迎式典に御参加、市内の「ドン・ボスコ博物館」をご視察された。また世界最大の湿原面積を持つ南パンタナールも御訪問、生物学者としても […]
  • 軍政下の迫害者誉めそやす=ボルソナロ発言に世界中が反応2016年4月21日 軍政下の迫害者誉めそやす=ボルソナロ発言に世界中が反応  下院本会議で大統領罷免審議継続を問う投票が行われた3月17日、歴史的な投票の際は各下議に10秒程の時間が与えられたが、その中で、ジャイール・ボルソナロ(キリスト社会党・PSC)下議の行った演説が、(悪い意味で)世界を駆け巡ったと20日付エスタード紙が報じた。 反応が最も大きか […]