ホーム | Free | 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(18)=マナウス 日系団体と進出企業が結束

県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(18)=マナウス 日系団体と進出企業が結束

西部アマゾン日伯協会の錦戸健会長

 アマゾナス劇場の中に入るまでは、しばらく外で待機した。故郷巡り一行の中には、連日忙しい日程をこなしているため、疲れた顔で開場を待つ人も。そのまま30分程が経ち、ようやく中に入ることができた。
 地元のスタッフが出迎え、式典参加者らを劇場内に誘導する。その中には、西部アマゾン日伯協会の会長で、祭典実行委員長を努める錦戸健さん(68、石川県)の姿もあった。
 錦戸会長は、1958年に7歳でブラジルへ移住した。移住した理由は、「父が満州の開拓指導者で、日本より海外で働きたい思いがあったから」。ブラジルの学校を卒業し、日ポ両語を使いこなす、同地では稀有な存在だ。
 日伯協会の会長は57歳の時に引き受け、今年で6期12年目。だが、「40代の若手は着実に育っている」と次の世代にたすきを渡すつもりだ。
 西部アマゾン地域では、日伯協会、アマゾン高拓会、アマゾナス日系商工会議所、マナウスカントリークラブが祭典実行委員会を構成している。特筆すべきは、日系進出企業の駐在員との距離が近く、協力し合い仕事を進めている点だ。
 後ほど会った商工会議所の後藤善之会頭(51、京都府)によれば、「町が小さいのでチームワークを作りやすい」という。日伯協会と同じ建物に商工会議所の事務所を構え、さらに所属企業も58社と多くはない。
 後藤会頭は「もちろん3年前に赴任した時は、自分がこういった役割を担うとは思っていなかった。でも日系人の方々がいるので、私達は仕事ができていると思っている。それにここで働かせてもらっている以上、地域に貢献しなければと思っているんですよ」と続けた。
 そもそも同地の日系人口は、錦戸会長によれば「推定1万人」と少なく、日伯協会の会員も徐々に非日系人が増えている。人数が少ない分、地域社会に貢献する事は必要不可欠だ。
 今の日伯協会の目標は、「日本人・日系社会の良い所をさらに伝えること。日本人は戦前、ゴム景気が衰退した頃にジュートを成功させた。フリーゾーンになった後は、日系企業が商業でブラジルに貢献している。それ以外にも良い点を伝えていければ」。
   ☆

アマゾナス劇場内の様子

 アマゾナス劇場内は、豪華絢爛という言葉がピッタリだ。以前訪れた、フランスの首都・パリのオペラ座を思い出す。上は3階まで座席があり、天井にはシャンデリアのような照明でキラキラと輝いている。
 会場内を歩いていると、入り口で待っている間に少し話した地元民の野澤須賀子さん(72、石川県)の顔が見えた。マナウス在住で、11歳の時に渡伯したという。
 「父親が海外に憧れて、植民地の募集に応募したの。それで家族6人で移住してきたのよ」と自分の人生を話し始めた。(つづく、有馬亜季子記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》アマゾン川流域でも大規模な銀行強盗=「現代のカンガセイロ」説も?2020年12月3日 《ブラジル》アマゾン川流域でも大規模な銀行強盗=「現代のカンガセイロ」説も?  ブラジル南部のサンタカタリーナ州クリシウーマ市で11月30日から12月1日にかけて、同州史上最大で最も暴力的とされた銀行強盗が起きた直後の2日未明、ブラジル北部のパラー州でも全く同様の手口の銀行強盗事件が起き、死傷者も出た。  今回は、アマゾン川流域のパラー州州都ベ […]
  • 《ブラジル》法定アマゾン=1万1千平方キロの森林失う=2年連続の1万平方キロ超え=パリ協定時の公約に違反か2020年12月2日 《ブラジル》法定アマゾン=1万1千平方キロの森林失う=2年連続の1万平方キロ超え=パリ協定時の公約に違反か  国立宇宙研究所(Inpe)の発表によると、法定アマゾンは2019年8月~2020年7月の1年間に前年同期比で9・5%増となる1万1088平方キロの森林を失ったと11月30日、12月1日付現地紙、サイトが報じた。ただし、この伐採増加率は予想よりは低かった。  今回発表 […]
  • 外務大臣表彰が23人と1校に=農業、軍、音楽など多分野から2020年12月1日 外務大臣表彰が23人と1校に=農業、軍、音楽など多分野から  日本政府は1日に外務大臣表彰を発表し、ブラジルからは23人と1校が受賞した。外務大臣表彰は,多くの人が国際関係の様々な分野で活躍し、日本と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をしている中で、特に顕著な功績のあった個人および団体の功績を称えるとともに、その活動に対する一層の […]
  • マナウス=草の根協力で運動場整備=リョータ・オヤマ州立小学校に2020年11月25日 マナウス=草の根協力で運動場整備=リョータ・オヤマ州立小学校に  在マナウス日本国総領事館(関口ひとみ総領事)は11月6日、日本政府の草の根・人間の安全保障無償資金協力による「リョータ・オヤマ州立小学校運動場整備計画」の贈与契約署名式を、同校の父兄教師コミュニティー協会(APMC、オザナ・リマ会長)との間で行った。  同計画は小学 […]
  • ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め2020年11月24日 ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め  「10月になってから配達がひどくなった」「11月の新聞が一回も来ていない」「古新聞がまとめてドサッとくる」など、読者からの苦情の電話を毎日お聞きして、本当に心苦しい。サンパウロ市地域は本紙モトケイロが配達して回るから、変わらない。  だが、それ以外の地域の新聞配達を […]