ホーム | ブラジル国内ニュース | レアルのロドリゴ、既にトップチームで存在感=1年先輩のヴィニシウスをベンチに追いやる

レアルのロドリゴ、既にトップチームで存在感=1年先輩のヴィニシウスをベンチに追いやる

 今年の夏、日本の久保建英(18)と同時期にレアル・マドリッドに加入したブラジル人FWのロドリゴ(18)の評価が急上昇。その評判は、1年前に加入し、まずまずの評価を得ていたヴィニシウス・ジュニオル(19)も凌ぐほどだ。
 6日のUEFAチャンピオンズリーグ、ガラタサライ戦の直前3試合(2日の対ベティス戦、10月30日の対レガネス戦、10月22日の対ガラタサライ戦)全てで右ウィングとして先発したのはロドリゴだった。
 レアルを率いる監督のジダンも、「ロドリゴは若いが、テクニックもガッツもある。性格は落ち着いていて、練習の虫だ。でも、まだ18歳ということを忘れてはいけない。落ち着いて見守ることが必要。今後の試合でどんな活躍を見せてくれるか」と語る。
 直近の3試合で1得点のロドリゴは、今期レアルのトップチームで5試合出場し、2得点をあげている。
 トップチームの試合に出場し始める前、ロドリゴはレアル・マドリッドのBチームで2試合プレーしている。
 レアルBを率いる、レアルの伝説的OBラウル・ゴンサレスは、「ロドリゴには爆発力、得点力、チームへの犠牲的精神の全てが備わっている。当初、我々が彼に課した要求は、ひょっとしたら彼にはなじみがなかったものかもしれないが、それでも彼は努力を怠らなかった。レアルのファンはロドリゴに満足しているはずだよ」と語る。
 ブラジル紙は、「ロドリゴとヴィニシウスの違いは決定力」と書き立てている。1年先に加入して、出場試合数も41を数えるヴィニシウスは、まだ5得点にとどまっている。
 ロドリゴが得点したレガネス戦ではヴィニシウスはベンチ入りメンバーにも入れなかった。しかし、ジダン監督は、「ベンチ外のメンバーは他にもいる。一回ベンチ外になったからってそれほど重大なことではない。ヴィニシウスはトレーニングを続ける必要があるし、私も監督として彼を戦力に数えている」と語った。
 スペインのマスコミも、「10代のブラジル人FW」と、共通項の多い2人を比較し、煽り立てる報道を加熱させているが、ロドリゴは「ヴィニと僕はチームメイトで友達。今年入ったばかりの僕をヴィニシウスは色々と助けてくれた。報道は気にならない。友情は変わらないし、これからもお互いに助け合っていく」と語っている。(6日付フォーリャ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》87%は借金返済にボーナス使用=不景気や失業率の高さなど反映2019年11月12日 《ブラジル》87%は借金返済にボーナス使用=不景気や失業率の高さなど反映  全国金融・管理・会計協会(Anafec)がボーナス(13カ月給)の使途を調べたところ、回答者の87%は借金返済に充てようと考えていた事がわかった。  10年前の調査ではこの割合は64%だったから、経済活動が落ち込んで失業率も高止まり、銀行融資などの返済利率も高いなどの諸事情 […]
  • 《ブラジル》文化局長に劇作家のロベルト・アウヴィム氏=大統領信奉者に強い反発も2019年11月9日 《ブラジル》文化局長に劇作家のロベルト・アウヴィム氏=大統領信奉者に強い反発も  ボウソナロ大統領は7日、文化局局長に同氏の熱心な支持者として知られる劇作家のロベルト・アウヴィム氏を指名。さらに同局を市民省から観光省に移して物議をかもしている。8日付現地紙が報じている。  アウヴィム氏はボウソナロ一家が心酔する極右思想家オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏を […]
  • 《サンパウロ》新築アパートが小型化=ライフスタイルの変化が原因2019年11月12日 《サンパウロ》新築アパートが小型化=ライフスタイルの変化が原因  ここ10年余りで、サンパウロ市の新築アパートの平均面積は27%も縮小した。  ワンルームタイプに限れば、その縮小率はもっと大きくなる。2009年には平均55・7平方メートルだったのが、2019年7月のデータでは33・2平方メートルへと、40・3%も小さくなった。  また、 […]
  • 《ブラジル》ミナス州=州立校で17歳少年が銃発射=授業中の2人が銃弾浴び負傷2019年11月8日 《ブラジル》ミナス州=州立校で17歳少年が銃発射=授業中の2人が銃弾浴び負傷  ミナス・ジェライス州カライーの州立校で7日朝、17歳の少年が授業中に、教室の外から銃を発射し、授業を受けていた生徒2人が負傷する事件が起きた。7日付現地サイトが報じている。  現場となったのは州立オルランド・タヴァレス校で、朝8時頃、同校の生徒だが、授業には来ていなかった1 […]
  • 《サンパウロ市》プラスチック製使い捨て食器禁止へ=罰金は最大で8千レアル2019年11月9日 《サンパウロ市》プラスチック製使い捨て食器禁止へ=罰金は最大で8千レアル  サンパウロ市議会は7日、市内のバー、ホテル、レストラン、その他の商業施設で、使い捨てのプラスチックコップや食器を使うことを禁じる条例を承認した。8日付現地各紙が報じている。  これにより、石油化学系合成樹脂のプラスチック製使い捨て食器(ナイフやフォーク、コップ、皿、飲料類を […]