ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ドバイ世界パラ陸上で、金銀銅独占=男子(片前腕切断)100メートルでの快挙=準決勝レースでは世界新も

《ブラジル》ドバイ世界パラ陸上で、金銀銅独占=男子(片前腕切断)100メートルでの快挙=準決勝レースでは世界新も

世界最速の男となったペトルシオ(Divulgação/Comitê Paralímpico Brasileiro)

 アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで7日(現地時間)から行われている、世界パラ陸上競技選手権大会の6日目、12日に行われた男子T47(片前腕切断)100メートル走準決勝で、ブラジル人のペトルシオ・フェレイラ・ドス・サントスが10秒42のタイムで世界新記録を樹立した。
 また、その後に行われた決勝レースでペトルシオは10秒44で優勝、2位はワシントン・ジュニオル(10病58)、3位はヨハンソン・ナシメント(10秒69)が入り、ブラジル勢の表彰台独占となった。
 ペトルシオの記録は、パラ陸上男子100メートル、すべての障害区分の中で最速だ。今回の金メダルは、ペトルシオにとって世界パラ陸上4個目の金メダルとなった。
 2位で銀のワシントンは、世界パラ陸上で初めてのメダル獲得となった。3位で銅のヨハンソンは、世界パラ陸上で通算11個目のメダルとなった。
 また、今大会の結果により、3人とも来年行われる東京パラリンピックの出場権を獲得した。
 優勝したペトルシオは「最初の30メートルの加速がイマイチで、後半巻き返さなくてはいけなかった。ワシントンには少し先行されて、大変なレースになった。ゴールした時ちょっと横を見たら、彼が少しだけ自分より遅れているのが見えて、(勝利を確信して)叫んでしまった」と語った。
 一方、2位になったワシントンの談話は、「初めての世界パラ陸上で、ペトルシオやヨハンソンみたいな強い選手たちと競えて光栄に思う。言葉もない。スタートは上手くいって、ちょっと先行しているのが分かった。タイムはあまり気にしなかった。ブラジル人で1、2、3位独占が分かった時は嬉しかった」だった。
 3位のヨハンソンは今大会のレベルの高さを強調し、「これまでのパラ陸上男子100メートルの中で最もレベルの高い、激しい争いになった。32歳になっても自己ベストを出すことが出来て、言葉にならないくらい嬉しい。11個目のメダルだし、成功だと思う」と語った。(13日付アジェンシア・ブラジル、同コレイオ24オーラスより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄2021年6月22日 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄  ブラジル日本移民113周年記念は歓喜を味わい、過去を振り返る時ではないでしょうか! 「歓喜を味わうとは」――日本移民の経済、農業、園芸、果実、セラード開発、料理、各分野で活躍する有能な人材、さらに、その歴史の継承などはブラジル社会に認められ、高く評価されています。 「振り […]
  • 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2021年6月19日 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  6月18日「日本移民の日」を迎えるにあたり、皆様にご挨拶を申し上げます。1908年に笠戸丸がサントス港に到着してから今年で113年となります。  昨年8月に着任した私にとっては今回が初めての移民の日となります。先日、サンパウロにあるブラジル日本移民史料館を訪問し、レ […]
  • 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七2021年6月19日 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七  1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して113年の歳月が流れました。そして今や、ブラジル日系社会は200万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦とご功績に対し、深甚なる感謝の念と敬意を […]