ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ドバイ世界パラ陸上で、金銀銅独占=男子(片前腕切断)100メートルでの快挙=準決勝レースでは世界新も

《ブラジル》ドバイ世界パラ陸上で、金銀銅独占=男子(片前腕切断)100メートルでの快挙=準決勝レースでは世界新も

世界最速の男となったペトルシオ(Divulgação/Comitê Paralímpico Brasileiro)

 アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで7日(現地時間)から行われている、世界パラ陸上競技選手権大会の6日目、12日に行われた男子T47(片前腕切断)100メートル走準決勝で、ブラジル人のペトルシオ・フェレイラ・ドス・サントスが10秒42のタイムで世界新記録を樹立した。
 また、その後に行われた決勝レースでペトルシオは10秒44で優勝、2位はワシントン・ジュニオル(10病58)、3位はヨハンソン・ナシメント(10秒69)が入り、ブラジル勢の表彰台独占となった。
 ペトルシオの記録は、パラ陸上男子100メートル、すべての障害区分の中で最速だ。今回の金メダルは、ペトルシオにとって世界パラ陸上4個目の金メダルとなった。
 2位で銀のワシントンは、世界パラ陸上で初めてのメダル獲得となった。3位で銅のヨハンソンは、世界パラ陸上で通算11個目のメダルとなった。
 また、今大会の結果により、3人とも来年行われる東京パラリンピックの出場権を獲得した。
 優勝したペトルシオは「最初の30メートルの加速がイマイチで、後半巻き返さなくてはいけなかった。ワシントンには少し先行されて、大変なレースになった。ゴールした時ちょっと横を見たら、彼が少しだけ自分より遅れているのが見えて、(勝利を確信して)叫んでしまった」と語った。
 一方、2位になったワシントンの談話は、「初めての世界パラ陸上で、ペトルシオやヨハンソンみたいな強い選手たちと競えて光栄に思う。言葉もない。スタートは上手くいって、ちょっと先行しているのが分かった。タイムはあまり気にしなかった。ブラジル人で1、2、3位独占が分かった時は嬉しかった」だった。
 3位のヨハンソンは今大会のレベルの高さを強調し、「これまでのパラ陸上男子100メートルの中で最もレベルの高い、激しい争いになった。32歳になっても自己ベストを出すことが出来て、言葉にならないくらい嬉しい。11個目のメダルだし、成功だと思う」と語った。(13日付アジェンシア・ブラジル、同コレイオ24オーラスより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年12月1日 東西南北  自分が推薦した候補の勝率が市長選で芳しくなかったボルソナロ大統領だが、2年後は自分の大統領選が控えている。それに備えた「対策」なのか、以前のような手作業の票集計に戻すよう主張している。本人の意見では「その方が正確」とのこと。だがその証拠はなく、ルイス・ロベルト・バローゾ選挙高 […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]
  • 特別寄稿=中南米に生きて60年=移民の動機と最初の生業—キノコ栽培への挑戦=元JAIDO及びJICA農水産専門家 野澤弘司=(下)2020年11月28日 特別寄稿=中南米に生きて60年=移民の動機と最初の生業—キノコ栽培への挑戦=元JAIDO及びJICA農水産専門家 野澤弘司=(下) 寄港地で臨機応変に観光バイト  なけなしの携行資金U$80と、出港間際に親戚や知友からの餞別を合わせただけの所持金では、移民船で2カ月間航海する間、これから10か所余りの寄港地での飲食代、交通費や土産物を賄うには厳しいという現実に直面しました。  そこで対処策を考えた結果、 […]
  • 東西南北2020年11月26日 東西南北  コロナウイルスの感染が再び拡大し、恐れられている今日この頃。25日付アゴラ紙によると、そうした状況にも関わらず、サンパウロ市内では夜間、バーやレストランでマスクもしないで人が密集している状況が見られるという。この現象は、10月10日に市がバーの営業を午後11時まで認めた頃から […]
  • 特別寄稿=29日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄2020年11月25日 特別寄稿=29日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄  今週末29日(日曜日)には、サンパウロ市を含む全国の市長を決める決戦(第二次)投票が行われます。  「何だ、たかが地方の市長選挙か」と侮ってはいけません。  サンパウロ市の場合、800万人の有権者が参加する大選挙なのです。  選挙前の予想を覆して現在、決選投票に残ったの […]