ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》人種間格差が固定化の傾向=白人の月収は黒人の74%増

《ブラジル》人種間格差が固定化の傾向=白人の月収は黒人の74%増

 ブラジル地理統計院(IBGE)のデータによると、2018年の白人労働者の給与は、黒人、褐色(以下、黒人)労働者の給与を平均74%上回っていることが分かった。14日付現地紙が報じている。
 13日に発表された調査書「皮膚の色、もしくは人種の差異による社会的不平等」によると、黒人は総人口の55・8%を占めるにも関わらず、「平均収入」「学歴」「財、サービスへのアクセス」などの指標で白人を下回っており、管理職に占める割合も低い。
 正規・非正規を問わずに見た平均所得(月収)は、白人が2796レアルで、黒人は1608レアルだった。
 IBGE調査書には、「長年の人種間格差が、就労環境における白人と黒人の格差にも表れている」と書かれていた。白人男性の平均給与を基準とすると、白人女性はその75・8%、黒人男性は56・1%、黒人女性は44・4%しか受け取っていない計算だ。
 人種間格差は性別による格差よりも大きい。これは、人種間で就業の機会や教育を受ける機会に差があることが要因だ。
 人種間格差は管理職に占める割合を比較すると一層顕著だ。管理職の68・6%は白人で、黒人の管理職は29・9%しかいない。
 また、黒人は労働人口全体の55%を占めているが、「失業状態、もしくは、十分な仕事量を与えられていない」人々の66%は黒人だ。また、白人の労働人口全体の中で失業しているのは9・5%だが、黒人は14・1%いた。
 また、黒人就労者の47%は非正規だが、白人はこの比率が35%に下がる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に2020年5月27日 ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に  【既報関連】世界保健機関(WHO)は25日、新型コロナウイルスに対するヒドロキシクロロキンの臨床試験差し止めを命じた。同薬とクロロキンは、ブラジル政府が同病の公式治療薬として承認するよう、諸方面に圧力をかけている薬剤だ。25、26日付現地紙、サイトが報じている。  WHOが […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に2020年6月4日 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に  【既報関連】5月25~26日に行われたダッタフォーリャの世論調査によると、回答者の52%が「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたと2日付G1サイトが報じた。  2069人への電話アンケートの結果、「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたのは52%で、「 […]
  • 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か2020年5月23日 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か  アマゾナス州内陸部のサンガブリエル・ダ・カショエイラ市(SC)で、先住民の間にコロナ感染者急増中と22日付現地サイトが報じた。  同州内陸部にはコロナウイルスへの感染率や死亡率が高い市が集中している。中でもSCは10万人あたりの感染者発生率が999に達し、少なくとも15人が […]
  • 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任2020年5月23日 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任  かつて「ブラジルの恋人」とも呼ばれた有名女優で、鳴り物入りで連邦政府文化特別局長に就任したレジーナ・ドゥアルテ氏が20日、就任3カ月にも満たないまま退任した。20日付現地サイトが報じている。  レジーナ氏の退任(一部メディアの報道では解任)に関して、ボウソナロ大統領は「本人 […]