ホーム | コラム | オーリャ! | ブラジルに怒り魅せられた旅

ブラジルに怒り魅せられた旅

 14日夜、翌日からの連休を利用し、旅行しようとサンパウロ市のチエテ・バスターミナルへ向かった。友人から「ターミナル近くの歩道橋が崩落し、大渋滞になっている」と知らせがあり、コラム子はメトロを使ってターミナルに移動した。
 歩道橋崩落の影響でバスは発車予定時刻になっても来ない。その後1、2時間遅れで次々に別のバスが入ってきたが、予定時刻から約3時間半がたっても肝心のバスは来なかった。
 途方に暮れていると、同社の別の便で、同じ目的地のバスを見つけた。コラム子と同様、予定のバスに乗れなかった乗客が交渉し、最初は運転手に乗車拒否されたが、最後には乗れた。
 最大の問題はインフラ整備を怠ったサンパウロ市だが、職務放棄した最初のバスの運転手、問題を収拾する気もない次の運転手、ついには「日本ならこんな事は起こらない」とブラジルにまで腹が立った。
 乗車できたバスも渋滞に巻き込まれ、目的地には7時間遅れで到着した。内心激怒したが、現地の美しい海に魅せられ、結局は満面の笑みをスマホの写真に残したコラム子だった。(大)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • “人たらし”な魅力2019年5月8日 “人たらし”な魅力  ブラジル日本語センターの日下野良武理事長は就任直後の昨年4月、活動の3本柱の一つとして「日本との連携強化」を挙げた。その後すぐに訪日し、日本政府へ支援を訴えた。今年で77歳を迎える同氏の行動力には、いつも刺激を受ける。  日下野理事長はかつてサンパウロ新聞専務を務めた経験が […]
  • 東西南北2019年12月14日 東西南北  ダッタフォーリャの最新の世論調査により、国民の81%はラヴァ・ジャット作戦の継続を望んでいることがわかった。18年4月にルーラ元大統領が服役しはじめたときは84%の人が継続を支持。ルーラ氏が釈放されたからといって、ラヴァ・ジャット作戦のイメージが揺らいだわけでもなく、多くの人 […]
  • 《サンパウロ市》コーヴァス市長が肝臓出血で集中治療室に=癌化学治療は順調だったが2019年12月13日 《サンパウロ市》コーヴァス市長が肝臓出血で集中治療室に=癌化学治療は順調だったが  癌で入院加療中のブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は11日、肝臓からの出血が確認されたため、集中治療室に移された。12日付現地紙が報じている。  コーヴァス氏は8日からサンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院。癌の化学治療の第1段階の評価を受けた後、第2段階に入っていた。 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(184)2019年12月12日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(184)  父は薩摩藩が二世紀半以上も、本心を隠ぺいして沖縄を支配してきたことを、ずっといい聞かせてきた。  ところが皮肉なことに、この国粋主義の男はアメリカが制作するある作品に計り知れない興味をもっていた。軍事力どころかその作品は世界を支配する勢いで広がっていった。それは映画である。 […]
  • 《サンパウロ市》コーヴァス市長の「化学治療は順調」と発表=3年前の体質改善が吉とでる2019年12月11日 《サンパウロ市》コーヴァス市長の「化学治療は順調」と発表=3年前の体質改善が吉とでる  【既報関連】食道がん治療のために10月末から化学療法を受けている、サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が順調に回復していると、10日付現地紙が報じた。  コーヴァス市長の胃の噴門部にあった癌は劇的に小さくなり、肝臓に転移していた部分も縮小、血栓も少なくなった。  全ての […]