ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジルサッカー》Jリーグで活躍のワシントン、CBFの要職に就任=「ブラジルサッカー益々発展させる」と意気込む

《ブラジルサッカー》Jリーグで活躍のワシントン、CBFの要職に就任=「ブラジルサッカー益々発展させる」と意気込む

 Jリーグの東京ヴェルディや浦和レッズなどで2005年から2007年にかけて活躍、2006年には得点王にも輝いた元ブラジル代表FWのワシントン(44)が、ブラジルサッカー連盟(CBF)の「ブラジルサッカー推進ディレクター」に就任することが決まった。
 今年4月、CBF新会長にロジェリオ・カボクロが就任したのと同時に設置された「ブラジルサッカー推進部」は、7月まで元ブラジル代表MFのジュニーニョ・パウリスタが率いていたが、同氏のブラジル代表コーディネーター就任とともに空席になっていた。
 ブラジルサッカー推進部は、国内のサッカー振興活動を取り仕切る。
 その他にも、ブラジルサッカー全体のデータ、情報分析や、サッカーがさらに振興、発展していくための戦略立案、国際サッカー連盟(FIFA)や南米サッカー連盟(Conmebol)から割り当てられたサッカー振興予算の割り振りを行う。
 ワシントンは、「サッカーはますます発展しているが、これを永続的なものにするために、いくつか解決しなくてはならない問題がある。『ブラジルサッカー推進部』は、ブラジル全土でサッカーをさらに発展させるための、CBFとしての戦略室と認識している」と語った。
 また、ロジェリオ・カボクロCBF会長も、「CBFの運営部門に新戦力を迎えることができてうれしく思う。彼のような元選手たちは、ブラジルのサッカーが、成人男子部門だけでなく、女子部門や育成部門でも拡大・伸長していくと共に、プレーの質だけでなく、スタジアムや観戦環境、練習環境の質の向上という意味においても発展していくために、重要な役割を担ってくれると信じている」と語った。(21日付エスタード紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月25日 東西南北  現在のブラジルを代表する映画監督クレベール・メンドンサ・フィーリョが7月に開催される、フランスのカンヌ映画祭で審査員をつとめることになった。メンドンサ・フィーリョといえば、2019年にブラジルで大ヒットし、日本も含めて国際的にも高い評価を得た社会風刺アクション・ホラー映画「バ […]
  • 東西南北2021年6月24日 東西南北  日本で東京五輪開催に反対する運動が強まっており、23日にはブラジルでも、フォーリャ紙サイトなどの大手メディアが写真付でその様子を報じている。日本でのネットでの声を拾うと、彼らの中にはサッカーのコパ・アメリカの強行開催に伴う感染者多発報告で恐れをなしている人も少なくない。21日 […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]