ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジルサッカー》Jリーグで活躍のワシントン、CBFの要職に就任=「ブラジルサッカー益々発展させる」と意気込む

《ブラジルサッカー》Jリーグで活躍のワシントン、CBFの要職に就任=「ブラジルサッカー益々発展させる」と意気込む

 Jリーグの東京ヴェルディや浦和レッズなどで2005年から2007年にかけて活躍、2006年には得点王にも輝いた元ブラジル代表FWのワシントン(44)が、ブラジルサッカー連盟(CBF)の「ブラジルサッカー推進ディレクター」に就任することが決まった。
 今年4月、CBF新会長にロジェリオ・カボクロが就任したのと同時に設置された「ブラジルサッカー推進部」は、7月まで元ブラジル代表MFのジュニーニョ・パウリスタが率いていたが、同氏のブラジル代表コーディネーター就任とともに空席になっていた。
 ブラジルサッカー推進部は、国内のサッカー振興活動を取り仕切る。
 その他にも、ブラジルサッカー全体のデータ、情報分析や、サッカーがさらに振興、発展していくための戦略立案、国際サッカー連盟(FIFA)や南米サッカー連盟(Conmebol)から割り当てられたサッカー振興予算の割り振りを行う。
 ワシントンは、「サッカーはますます発展しているが、これを永続的なものにするために、いくつか解決しなくてはならない問題がある。『ブラジルサッカー推進部』は、ブラジル全土でサッカーをさらに発展させるための、CBFとしての戦略室と認識している」と語った。
 また、ロジェリオ・カボクロCBF会長も、「CBFの運営部門に新戦力を迎えることができてうれしく思う。彼のような元選手たちは、ブラジルのサッカーが、成人男子部門だけでなく、女子部門や育成部門でも拡大・伸長していくと共に、プレーの質だけでなく、スタジアムや観戦環境、練習環境の質の向上という意味においても発展していくために、重要な役割を担ってくれると信じている」と語った。(21日付エスタード紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サッカー=FIFAがテイシェイラ追放=ブラジル・サッカー協会の元会長2019年11月30日 サッカー=FIFAがテイシェイラ追放=ブラジル・サッカー協会の元会長  ブラジル・サッカー協会(CBF)の会長を長期にわたって務め、数多くの汚職で知られたリカルド・テイシェイラ氏が国際サッカー連盟(FIFA)から永久追放処分を受けた。29日付ブラジル国内紙サイトが報じている。  これは29日にFIFAが発表したもので、それによると、テイシェイラ […]
  • 〈チリ〉2つの国際会議の中止決定=APECとCOP25を断念2019年10月31日 〈チリ〉2つの国際会議の中止決定=APECとCOP25を断念  長引く民衆デモの影響で、チリのピニェラ大統領が、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議や第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)の開催を断念すると発表した。30日付現地紙サイトが報じている。  これらの国際イベントの中止は、30日の午前中に発表された。大 […]
  • 《ブラジルサッカー》レアルのロドリゴ(18)代表初召集インタビュー2019年11月13日 《ブラジルサッカー》レアルのロドリゴ(18)代表初召集インタビュー  強豪レアル・マドリッドで旋風を巻き起こしている18歳のブラジル人FWロドリゴが、11月の親善試合で待望のブラジル代表初召集を受け、ブラジルメディアのインタビューに答えた。  ロドリゴは代表初召集に関して、「サッカー選手なら誰でも、代表のユニフォームに袖を通すことに憧れる。昔 […]
  • 《ブラジル》パルメイラス・ファンの親子がFIFAの「最優秀ファン賞」受賞=盲目の息子にスタジアムで実況中継する母2019年9月26日 《ブラジル》パルメイラス・ファンの親子がFIFAの「最優秀ファン賞」受賞=盲目の息子にスタジアムで実況中継する母  23日に発表された国際サッカー連盟(FIFA)主催の「FIFAベスト」が選ぶ「最優秀ファン」の部門で、ブラジルのパルメイラス・ファンで盲目のニコラス・グレコさん(12)と、その母親のシルヴィア・グレコさんの2人が選ばれた。  この親子はパルメイラスの大ファンで、昨年9月、同 […]
  • サッカー=五輪代表、日本に敗れる=東京五輪で手ごわい相手に2019年10月15日 サッカー=五輪代表、日本に敗れる=東京五輪で手ごわい相手に  14日、ペルナンブッコ州レシフェのペルナンブッコ・アリーナで行われた五輪代表同士のサッカーの親善試合で、ブラジル代表は日本代表に2―3で敗れた。  6月に行われたフランスのトゥーロン・トーナメントで優勝して以来、好調なブラジル五輪代表はこの日、そのトゥーロンで決勝戦を戦った […]