ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ベルリン在住の日本人現代美術家・塩田千春さんの作品展がサンパウロ市セントロのブラジル銀行文化センター(CCBB)とジャパン・ハウスで始まっている。1972年、大阪府岸和田市出身。12日付フォーリャ紙電子版などは、糸を立体的に造形に使う独特の作風を持つことから、「mulher-aranha(クモ女)」というあだ名で紹介している。今回のブラジル展向けの特別作品も展示されているという。CCBB(Rua Álvares Penteado, 112)では1月27日まで。ジャパン・ハウス(Av. Paulista, 52)は2月2日まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳 2013年4月6日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年4月6日  本日6面掲載の記事「笠戸丸移民、再会の春」は、戦後移住60周年を記念し、海外日系人協会などが主催する「ブラジル移住者里帰り訪日使節団事業」で古里広島を訪問した吉賀英行さんを、地元紙「中国新聞」が取材したものだ。広島ではテレビ局も取材を進 […]
  • 日焼けサロンで女性やけど=全身重度2、絶対安静状態=リオ2007年3月30日 日焼けサロンで女性やけど=全身重度2、絶対安静状態=リオ 2007年3月30日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙二十九日】リオデジャネイロ市で二十八日、三十四歳の女性が日焼けサロンで肌を焼くために紫外線放射を受けて、重度の火傷で入院していることが明らかになった。 […]
  • 大耳小耳2008年6月7日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2008年6月7日付け […]
  • エ紙報道禁止の裁判官更迭2009年9月17日 エ紙報道禁止の裁判官更迭 ニッケイ新聞 2009年9月17日付け […]
  • ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選2020年7月31日 ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選  先週、大手週刊誌「ヴェージャ」が、「今、大統領選が行われたらボルソナロ氏が当選する」という調査結果を発表して多少話題となった。それに対し、「コロナ対策であれだけ失政をしておきながら、なぜ」と憤る人も少なくなかった。だが、「”今の状況”ならそうだろう」とコラム子は思った […]