ホーム | コラム | 樹海 | 急に「日本の誇り」と言われても

急に「日本の誇り」と言われても

全米オープン・テニスを制した大坂なおみ(USTA/Darren Carroll)

全米オープン・テニスを制した大坂なおみ(USTA/Darren Carroll)

 9日にテニスの世界4大大会(グランドスラム)のひとつ、全米オープンを、日本人の母親を持つ大坂なおみ選手が優勝したことに日本中が沸いた。もちろん、コラム子も喜んだが、同時に日本人のあまりのお祭り騒ぎぶりにちょっと複雑な気持ちを抱いた▼個人的なことで恐縮だが、コラム子にはまだ幼い息子と娘がいる。非日系のブラジル人の妻との間にできた2人は日本と伯国の二重国籍者。なおみ選手の優勝には、実はこの観点から強い共感を覚えた。別に「同じハーフの子供を持つ」という境遇をもって、そうでない日本人と差別化を図りたいなどという意図は全くない。ただ「日本でハーフの子どもとして生まれる気苦労」はすごくわかるから、そういう気持ちがわいたのだ▼案の定、日本からは、「なんだ。こんなときだけハーフを日本人扱いして。自分たちが普段受けている差別を考えると腹が立つ」「やっぱり、“この人(なおみ選手)は日本人に見えない”なんて言っている人がいる。いつになったら日本人のハーフ差別は解消されるの」といった日本在住のハーフたちの発言が、ツイッターなどを通じてあがり、話題を呼んでいる▼日本はとかく「純粋な日本人」という考えにとらわれすぎている慣習が古くから根強い。それを端的に表しているのが、「一般の公立校における、ハーフの子どもへのいじめ行為」というもの。これは、たとえばハーフの芸能人の子供の頃の思い出話に頻繁に例としてあがることだ。日本の場合、大人はこうした問題に分別のある人は多いのだが、子供に差別感情を抱く傾向がどうしても強い。コラム子の場合も日本在住時に、個人的に横浜のアメリカン・スクールに通っていた子供を何人か知っていたが「公立校だと、やはり受け入れられるかが怖いと思っている人が多い」という話を彼らから直接聞いている▼また、コラム子は妻とは日本で出会って、結婚生活も最初は日本で過ごしていたのだが「日本でハーフの子供を生むと、一般的な日本社会と隔離された環境を選ばないといけないから」と、子作りをブラジルですることを希望。それがサンパウロ市に越してきた大きな理由のひとつだ。そして2人の子供をもうけた▼今でも「日本に帰りたい」と全く思わないということはないのだが、すでにブラジルの学校環境で何の違和感もなく受け入れられているわが子のことを思うと、「容姿や育ってきた環境の違いゆえに差別でもされたらかわいそうだ」とどうしても懸念の方が先に生まれてしまう▼また、サンパウロ市に来たら今度は「日本に暮らそうと思って住んでみたけれど、できなかった」という、日本での生活経験のある日系二世や三世、四世の人の話もよく聞く。彼らの場合はわが子と違い血縁関係が日本人だけの人や、日本語もそれなりに話せる人も少なくないのに、ちょっとしたことで差別された気分を味わう人も少なくなかったようだ▼そのためにも、これからの日本には、もっと普段から、国際結婚で生まれた子供や、他の国で育ってきた日本人の血をひく人たちに、もっと普段から寛容になる、あるいはそのための社会作りをしていく必要があるのではないだろうか。何かめでたいことがあったときだけ、まるで国の手柄として利用するかのように「同じ日本人として誇り」と言われても、当事者としてみては嬉しい反面、戸惑うことがあっても仕方がないと思う▼悲しいかな、今回のなおみ選手の快挙で、「五輪やノーベル賞を受賞した人に限り、日本生まれのハーフの人に二重国籍を与える特例を」などと言いはじめている国会議員が早くもいるという。「何かしないと、日本人として認めてやらない」と言ってるみたいでかえって差別的なんだが。(陽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”2019年5月14日 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”  ロスの全米日系人博物館で「大戦期、強制収容所に入れられた一世の7割が忠誠心調査でNoNoだった」というガイドの話を聞き、これは「アメリカ版の踏絵だ」と痛感した。  1943年初頭にアメリカ政府の戦時転居当局が実施した、17歳以上の強制収容者に対するアメリカへの忠誠心 […]
  • 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」2019年5月7日 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」  「皆さん、今日4月28日が何の日か知っていますか?」―講演の冒頭で、山城千秋・熊本大学教授が聴衆に質問したが、誰も答えられなかった。ブラジル沖縄移民研究塾(宮城あきら代表)が主催する第1回文化講演会「沖縄産業開発青年隊が果たした歴史的役割」が本部講堂で行われた時の一幕 […]
  • ネイマール所属チームの“ぬるま湯”2019年5月3日 ネイマール所属チームの“ぬるま湯”  4月27日のサッカーのフランス杯決勝。敗れたPSGのネイマールは、彼曰く「暴言を吐いた」というファンを小突くという、サッカー選手としてあるまじき行為を行なった。この行為で彼は、同国での試合の出場の長期出場停止を噂されている▼既にセレソンの主力となって8年くらい経つネイ […]
  • 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち2019年4月23日 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち  戦車と機関銃で言論を統制したブラジル軍事政権(1964―85年)に対し、表現の自由のためにMangaという武器をとって戦った日系の若者たちがいた。  3月17日のブラジル漫画家協会(Abrademi、佐藤フランシスコ紀行会長)が主催した同会創立35周年で顕彰された3 […]