ホーム | 日系社会ニュース | 『ブラジル日系文学』64号発刊=芥川版「桃太郎」と解説も

『ブラジル日系文学』64号発刊=芥川版「桃太郎」と解説も

『ブラジル日系文学』64号

『ブラジル日系文学』64号

 ブラジル日系文学会(中田みちよ会長)が『ブラジル日系文学』第64号(発行者=近藤アンドレ、編集者=中田みちよ)が刊行された。
 同号は当初3月刊行、発送の予定だった。中田さんに電話取材したところ「編集部は高齢者が多く自宅待機が続き発刊・発送に遅れが出てしまっています」とコロナによる影響を乗り越えての発刊となったそう。
 本号では芥川龍之介によって再話された「桃太郎」を掲載している。共に掲載されている中田みちよさんによる解説では、芥川版の「桃太郎」現代にも響くメッセージ性と芥川龍之介のブラジルとの関わりも紹介されている。
 その他は第3回となる「世界の日本人」では著者の大門千夏さんがカナダ旅行の際に出会った3人の日本人旅行者との交流を綴る「ケベックの婦人」や、随筆、小塩卓哉さん「日系人のうた」ではサンパウロ市在住の高橋暎子さんの歌集「とつくに茫々」を紹介する。
 日本語版は118項でポルトガル語版は84項となっている。
 本は日系の書店に置く予定とのこのと。問合せは、同事務所(電話=11・3203・2018、メール=secretaria@nikkeybungaku.org.br)まで。

大耳小耳 関連コラム
     ◎
 中田みちよさんによる芥川龍之介版「桃太郎」の解説には、芥川龍之介と義理のいとこでもあった山本喜誉司との関係について触れられている。山本が芥川をブラジルに呼び寄せたがっていたという。ブラジルの地に立つ芥川龍之介はたしかに想像するのが難しいが、もし来ていたらどんな作品を書いていただろうかと興味深い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本製品をブラジル市場に=ネパール商人サプトカさん=コロナで足止め、商魂光る2020年7月9日 日本製品をブラジル市場に=ネパール商人サプトカさん=コロナで足止め、商魂光る  サンパウロで外出自粛が始まる6日前の3月18日、日本製の健康グッズを携え、ブラジルでの市場開拓に胸を膨らませ初めてグァルーリョス空港に降り立ったネパール人がいる。カトマンズを拠点に『より明るい未来の生活マーケティング社(Brighter future life […]
  • 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」2020年7月1日 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」  「コロナ禍により3月中旬から自宅待機の指示が出て、そのまま4月に定年退職という運びになり、ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。在職中にお世話になった日系社会各種団体や個人の皆様にこの場を借りて心から御礼と感謝を申し上げたいと思います」――サンパウロ日伯援護協会の足 […]
  • ウイルス消毒の噴霧器寄付=JACTOが日系6団体に2020年7月7日 ウイルス消毒の噴霧器寄付=JACTOが日系6団体に  農業機製造会社JACTO社(本社=サンパウロ州ポンペイア市)は5月、ブラジル日本文化福祉協会(文協)、憩の園、希望の家、こどものその、サンタクルス病院、日伯援護協会の日系6団体に噴霧器を寄付した。  寄付された噴霧器の本来の使用方法は、農場などの害虫駆除で使用される […]
  • 日本語教育オンラインで工夫=濱田さんに聞く赤間とむつみ2020年6月30日 日本語教育オンラインで工夫=濱田さんに聞く赤間とむつみ  「残念な事にコロナで、子供たちが楽しみにしていた運動会やフェスタジュニーナ等のイベントが無くなりました。子供たちと『今年は我慢して、来年のお楽しみにしようね』と慰めあっています」――赤間学院ピオネイロ校(ヒライ・アカミネ・イルマ校長)及びむつみ幼稚園(由永サニー・清水 […]
  • 野口在聖総領事が7月帰朝=「日本で日系人の活躍発信する」2020年7月1日 野口在聖総領事が7月帰朝=「日本で日系人の活躍発信する」  「ブラジルで一番心に残っているのは、やはり移民110周年に眞子内親王殿下にお越し頂き、訪問先の日系社会との交流を間近で拝見できたことです。皇室はブラジル日系社会にも目を向け、日系社会からも皇室に対する尊敬の念が深いことを実感させられました。相互の絆は本当に根強いと思い […]