ホーム | 日系社会ニュース | 『ブラジル日系文学』64号発刊=芥川版「桃太郎」と解説も

『ブラジル日系文学』64号発刊=芥川版「桃太郎」と解説も

『ブラジル日系文学』64号

『ブラジル日系文学』64号

 ブラジル日系文学会(櫻井セリア会長)が『ブラジル日系文学』第64号(発行者=近藤アンドレ、編集者=中田みちよ)が刊行された。
 同号は当初3月刊行、発送の予定だった。中田さんに電話取材したところ「編集部は高齢者が多く自宅待機が続き発刊・発送に遅れが出てしまっています」とコロナによる影響を乗り越えての発刊となったそう。
 本号では芥川龍之介によって再話された「桃太郎」を掲載している。共に掲載されている中田みちよさんによる解説では、芥川版の「桃太郎」現代にも響くメッセージ性と芥川龍之介のブラジルとの関わりも紹介されている。
 その他は第3回となる「世界の日本人」では著者の大門千夏さんがカナダ旅行の際に出会った3人の日本人旅行者との交流を綴る「ケベックの婦人」や、随筆、小塩卓哉さん「日系人のうた」ではサンパウロ市在住の高橋暎子さんの歌集「とつくに茫々」を紹介する。
 日本語版は118項でポルトガル語版は84項となっている。
 本は日系の書店に置く予定とのこのと。問合せは、同事務所(電話=11・3203・2018、メール=secretaria@nikkeybungaku.org.br)まで。

大耳小耳 関連コラム
     ◎
 中田みちよさんによる芥川龍之介版「桃太郎」の解説には、芥川龍之介と義理のいとこでもあった山本喜誉司との関係について触れられている。山本が芥川をブラジルに呼び寄せたがっていたという。ブラジルの地に立つ芥川龍之介はたしかに想像するのが難しいが、もし来ていたらどんな作品を書いていただろうかと興味深い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り2021年6月26日 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り  老人福祉施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)は、7月4日に「フェスタ・ジュニーナ/ドライブスルー焼きそば販売」を開催する。  会場は、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の駐車場(Bunkyo a Rua Galvão Bueno […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]