ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ大都市圏》宝石商親子殺害事件の詳細が明らかに=長女自身が殺害を了承

《サンパウロ大都市圏》宝石商親子殺害事件の詳細が明らかに=長女自身が殺害を了承

 【既報関連】1月28日にサンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポ市で発生した、宝石商ロムユキ・ゴンサウヴェス氏ら親子3人の殺害事件で、3日に逮捕された男性容疑者が、先に逮捕されていたロムユキ氏の長女とその恋人から「一家を殺害してもよい」と了承を受けて殺害したと供述したほか、殺害手順などを詳細に語ったことが明らかとなった。5日付現地紙が報じている。
 ジュリアノ・オリヴェイラ・ラモス・ジュニオル容疑者(22)によると、同容疑者は、先週逮捕されたロムユキ氏の長女のアナ・フラヴィア容疑者と、その恋人でジュリアノ容疑者のいとこのカリーナ・ラモス容疑者から、「ロムユキ氏は自宅金庫に8万5千レアルを所有している」との話を聞いたという。
 3人は1月27日にロムユキ氏の自宅に押し入り、現金を強奪する計画を立てたが、この時点では殺害は予定していなかったという。
 1月27日、ジュリアノ容疑者はミシャエル・ロベルト・ドス・サントスとギリェルメ・ラモス・ダ・シウヴァの2人の共犯者と共に、アナ・フラヴィア、カリーナ両容疑者が乗る車に隠れてサントアンドレ市のコンドミニアムに侵入した。
 3人はロムユキ氏宅で強盗だと宣言。アナ・フラヴィア、カリーナの二人は犠牲者のふりをしたという。
 ロムユキ氏宅には本人と長男のフアン君(15)がおり、犯人たちは金庫の暗証番号を聞きだすため、フアン君に暴行。ロムユキ氏が「妻が番号を知っている」と答えたため、二人は別々の部屋に監禁された。
 そこに妻のフラヴィアナ氏が帰宅し、制圧された。フラヴィアナ氏は金庫の番号を教えたが、中が空だったため、犯行グループはアナ・フラヴィア、カリーナの両容疑者から同意を得てロムユキ氏とフアン君を殺害。ゴンサウヴェス家のジープのトランクに二人の遺体を入れた。
 一行は、その車で外に出て、サンベルナルド・ド・カンポ市モンタニョン道で停車。そこでカリーナ容疑者がジープを運転してきたフラヴィアナさんを殺害。彼女の遺体もトランクに入れ、そのままジープを焼いたという。
 警察は4日に共犯者とされた2人を逮捕。共犯者の自宅からは、ロムユキ氏宅から持ち出した電化製品なども押収されており、警察は強盗殺人事件に容疑を切り替えた。また、車に放火後の逃亡を助けたとされる容疑者1人の行方も捜索中だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ