ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=待機児童1人に付き100レアル=コーヴァス市長が条例案提出

サンパウロ市=待機児童1人に付き100レアル=コーヴァス市長が条例案提出

ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市長(Leon Rodriguez)

 ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市長(民主社会党・PSDB)は25日、0~3歳の子供がいるが、公営の託児所(保育所)に子供を預けられない世帯に月額100レアル(約2600円)の補助金を出す条例案を市議会に提出したと、26日付現地各紙が報じた。
 新たな生活扶助は「乳幼児ボウサ」と名づけられ、0歳から幼稚園就園(概ね満3歳)までをさす狭義の乳幼児5万1千人が対象になる。
 市長は、「これは、幼い子供を抱えているが、託児所に預けられない母親たちに対する金銭的援助で、食費や衣類の購入費などに使ってもよい。教育局が管理しやすいよう、カードで交付されるだろう」と語った。
 市長によると、託児所の空き待ちの乳幼児は7万5千人おり、そのうちの5万1千人が新たな援助を受ける条件を見たしているという。
 サンパウロ市市役所の目標は託児所の入所枠を2020年末までに8万5千人分増やすことで、コーヴァス市長によると、既に5万5千人分以上の枠を設けたという。
 補助金額は待機児童1人につき月額100レアルで、世帯あたりの上限額は3人(300レアル)まで。託児所に空きができて入所すると、補助金もストップする。
 また、補助金を受け取る親は、子育て支援活動などへの参加が義務付けられる。子供への予防接種も期日通りに行わなくてはいけない。
 コーヴァス市長によると、2020年早々にこの計画を始めるには、年内に市議会で承認される必要があるという。
 また、ブルーノ・カエターノ教育局長は、1人でも多くの幼児が託児所に入り、市の払う補助金も少なくて済むことが理想とした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献2020年7月24日 ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献  ボサノバや映画のシネマ・ノーヴォに貢献したことで知られる歌手、作曲家のセルジオ・リカルドが23日、入院先のリオの病院で亡くなった。88歳だった。  1932年にサンパウロ州内陸部マリリアで生まれたセルジオは8歳から音楽を学びはじめ、1950年にリオに移り音楽活動を開 […]
  • 東西南北2020年6月9日 東西南北  ボルソナロ大統領に強い影響力を持つ極右思想家オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏が7日未明に突如、大統領を批判するツイートを流した。同氏は以前から「大統領が自分を擁護してくれない」と不満を述べており、「政権を倒す」とまで書き、騒然となった。だが、同日夜には「大統領を100%信頼す […]
  • コロナ=サンベルナルド市長が入院=45歳のモランド氏UTIに2020年3月31日 コロナ=サンベルナルド市長が入院=45歳のモランド氏UTIに  サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポのオルランド・モランド市長(民主社会党・PSDB)が新型コロナウイルスに感染した上、体調が悪化して集中治療室(UTI)に入院したことが明らかになった。29日付現地サイトが報じている。   サンベルナルド市役所によると、モランド市長 […]
  • また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説2020年3月20日 また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説  先週末からのブラジル政界の展開があまりにも怒涛で、早くも忘れられがちであるが、14日午前、グスターヴォ・ベビアーノ氏が心臓発作で急死した。  死は自宅で突如襲われ、同氏の息子の眼の前で亡くなったと言うが、これをめぐり、「本当に自然死なのか」と怪しむ声が少なくなかった […]
  • ■訃報■豊田ルミさん2020年3月12日 ■訃報■豊田ルミさん  サンパウロ州サンカエターノ市在住で、ブラジル愛知県人会の元会長、元愛知県費留学生の豊田(とよだ)ルミさんが、10日午後11時にマリア・ブライド病院で亡くなった。  死因は胆のうがんで、1カ月程前から入院していた。癌が進行し手術を行うことも難しい状態だったという。享年 […]