ホーム | コラム | 樹海 | 平和の巡礼者フランシスコ法王の日本訪問に思う

平和の巡礼者フランシスコ法王の日本訪問に思う

 フランシスコ法王が23日から日本を訪れ、被爆地の長崎と広島などを訪れた。ローマ教皇の日本訪問は38年ぶりで、カトリック信者か否かに関わらず、大勢の人が法王の言葉に耳を傾けた▼法王が訴えた事の一つは核兵器廃絶だ。平和と安定への望みは人の心にある最も深い望みの一つである事や、核兵器は安全保障への脅威から私達を守ってくれるものではない事なども強調。世界中に広がる「相互不信」の流れを断ち切る事の必要性も訴えた▼法王は長崎で「核兵器から解放された平和な世界は、あらゆる場所で数え切れないほどの人が熱望している事」と語り、「この理想を実現するには全ての人の参加が必要」と訴えた。また、広島では「平和の巡礼者として、被爆地を訪問しなければならないと感じていた」と発言。更に、訪日テーマの「全ての命を守るため」の如く、被爆者や遺族だけでなく、東日本大震災の被災者とも会い、イエズス会が創立母体の上智大学の学生達にも誠実に生きるよう訴えた▼母国アルゼンチンでは貧者や弱者救済にも心を砕いた人だけに、虐げられた人や苦しみの中にいる人への配慮の深さは特別だ。また、演説の中で引用した「主よ。わたしをあなたの平和の道具としてください。―中略―。闇に光を、悲しみのある所に喜びをもたらすものとしてください」という「聖フランシスコの平和の祈り」は、自らの法王名に「フランシスコ」を選んだ人である事をもう一度思い出させた▼アマゾン問題の司教会議では先住民への配慮を説き、弱者に寄り添う姿勢を見せた法王が、日本人や日本の為政者にどんな影響を与えたかを、核廃絶を含めて見守りたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝2020年7月3日 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝  日本のプロ野球ファンのひとつのジョークのネタに「ダメ外人列伝」というものがある。これは、「高い期待を期待されながら入団したのに、活躍することなく終わった外国人選手」を揶揄して楽しむものだ。  6月30日に教育相を辞任したカルロス・アルベルト・デコテッリ氏のこの数日の […]
  • 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは2020年6月30日 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは  コロナ・パンデミックによって、世界が不自然な方向に追いやられている気がしてならない。今回のコロナ対策には現代文明の歪みが、そのまま現れている気がする。こんなことを書くと、怒る方もいるかもしれないが、根本的なレベルからの議論が必要な問題だという意味で提起したい。  今 […]
  • ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖2020年6月26日 ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖  コロナ禍における外出自粛のあいだの過ごし方として「動画配信サービスでの映画やドラマのビンジ・ウォッチング(一気見)」というのが世界的な現象として見られた。  外に出ても映画館もコンサート会場も、スポーツ・スタジアムも開いていない。そんなときにできることと言えば、家に […]
  • 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?2020年6月23日 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?  少し気が早い話だが、もしも在外邦人にも給付金10万円が出た場合、その使い道について提案したいことがある。  共同通信は10日付で《『在外邦人に10万円給付検討/政府、自民の意見考慮』  政府は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策としている1人1 […]