ホーム | コラム | 樹海 | 平和の巡礼者フランシスコ法王の日本訪問に思う

平和の巡礼者フランシスコ法王の日本訪問に思う

 フランシスコ法王が23日から日本を訪れ、被爆地の長崎と広島などを訪れた。ローマ教皇の日本訪問は38年ぶりで、カトリック信者か否かに関わらず、大勢の人が法王の言葉に耳を傾けた▼法王が訴えた事の一つは核兵器廃絶だ。平和と安定への望みは人の心にある最も深い望みの一つである事や、核兵器は安全保障への脅威から私達を守ってくれるものではない事なども強調。世界中に広がる「相互不信」の流れを断ち切る事の必要性も訴えた▼法王は長崎で「核兵器から解放された平和な世界は、あらゆる場所で数え切れないほどの人が熱望している事」と語り、「この理想を実現するには全ての人の参加が必要」と訴えた。また、広島では「平和の巡礼者として、被爆地を訪問しなければならないと感じていた」と発言。更に、訪日テーマの「全ての命を守るため」の如く、被爆者や遺族だけでなく、東日本大震災の被災者とも会い、イエズス会が創立母体の上智大学の学生達にも誠実に生きるよう訴えた▼母国アルゼンチンでは貧者や弱者救済にも心を砕いた人だけに、虐げられた人や苦しみの中にいる人への配慮の深さは特別だ。また、演説の中で引用した「主よ。わたしをあなたの平和の道具としてください。―中略―。闇に光を、悲しみのある所に喜びをもたらすものとしてください」という「聖フランシスコの平和の祈り」は、自らの法王名に「フランシスコ」を選んだ人である事をもう一度思い出させた▼アマゾン問題の司教会議では先住民への配慮を説き、弱者に寄り添う姿勢を見せた法王が、日本人や日本の為政者にどんな影響を与えたかを、核廃絶を含めて見守りたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 師走と紅白、クリスマス2019年12月5日 師走と紅白、クリスマス  1日に開催された、ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(INB)と藤瀬圭子プロダクション共催の紅白歌合戦の様子が4日付弊紙で報じられた。同日は別のところでも紅白が行われ、赤組勝利の情報が流れており、日系コロニアでは紅白歌合戦は師走を中心とする年中行事の一つなんだと改めて感じ […]
  • 火は小さいうちに消し、屋根は晴天の間に直せ!2019年12月3日 火は小さいうちに消し、屋根は晴天の間に直せ! アジア系が手を組んだ東洋街のブラックフライデー  「火は小さいうちに消せ!」「天気が良いうちに屋根を直せ」――これは人生においても、外交においても常に頭に置いておくべき金言ではないだろうか。  サンパウロ市のパウリスタ大通りに今年できたばかりの韓国文化院で、最近 […]
  • 2010年代最高のブラジルのサッカーの試合2019年11月29日 2010年代最高のブラジルのサッカーの試合  23日に行なわれたサッカーのリベルタドーレス杯決勝、フラメンゴ対リーヴェル・プレイト戦には伯国中が熱狂した。あの試合からまだ1週間も経っていないが「2010年代の伯国で最高の試合」。そう呼んでも過言ではない気がする▼少なくとも、コラム子の経験に照らし合わせてみれば、間 […]
  • 憲法改正したら「人権は守られなくなる」のか?2019年11月19日 憲法改正したら「人権は守られなくなる」のか? ブラジル共和制宣言130周年  この11月15日はブラジル共和制宣言130周年だった。「共和制」とは、君主を持たない政体のことだ。1889年、軍がクーデターを起こして皇帝ペドロ2世を廃位して追い出し、首都リオの議会において共和制が承認・宣言された日だ。  ブラジ […]