ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 このところ、ブラジルを含め、全世界的にコロナウイルス用のワクチン接種が関心を呼んでいるが、ロンドン在住のマルシオ・ロベルト・ダ・ソウザさん(39)は、ブラジル人として初めてこのワクチンをうけそうな候補者の一人だ。1年前からロンドンの高齢者用介護施設で働いている関係で、ワクチンの接種対象となった。イギリスでは今のところ、介護従事者への接種は強制ではないというが、「リスクの高い人たちを相手にしている手前、無責任ではいられない」と考えている。接種するワクチンは米国ファイザー製薬が開発したワクチンだ。ブラジルでも接種開始は遠い未来ではないが、今は先例についての状況を知りたいところだ。
     ◎
 10日、サンパウロ市パウリスタ大通りの自転車愛好家公園に高さ10メートルの巨大なクリスマスツリーが飾られはじめた。この公園は高架橋上にあり、真下を車道が走っているから、いわば典型的な「都会のクリスマスツリー」といった趣だ。ツリーは1月6日まで飾られる。今年は、毎年恒例だったイビラプエラ公園の大型ツリーが複数の小型ツリーに場所を譲り、マルジナル・ピニェイロスに移転したことも話題だが、道路沿いにツリーを立てるのがこれからの流行り?
     ◎
 週末のサッカーの全国選手権。このところ連勝で、2位に勝ち点差7をつけて首位を走るサンパウロは、13日にイタケロンでコリンチャンスと一戦を交える。サンパウロとしてはライバルを叩いて、首位独走といきたいところ。逆に、現在11位で話題もなく、パッとしないコリンチャンスは、本拠地で強敵を倒し、波に乗りたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月16日 東西南北  サンパウロ州政府が13日に「16日から50代のコロナワクチン接種開始」と発表したが、接種の最終的な責任者である市の対応は、地域毎に若干異なる。サンパウロ市では14日から50代を対象とした接種をはじめたが、「50代ならどの日でも接種できる」というものではなく、年齢別に日が決めら […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]