ホーム | 日系社会ニュース | 弥勒米ずくめで和食普及=AZUMA KIRIN

弥勒米ずくめで和食普及=AZUMA KIRIN

弥勒米ずくめの合作和食で弥勒米の品質の高さと和食の奥深さを参加者にアピールした

 AZUMA KIRIN社(尾崎英之社長)は16日、サンパウロ市の日本文化広報施設ジャパンハウス内の日本食レストラン『藍染』にて、弥勒米広報イベントを行った。レストランオーナーや料理人を中心に約70人が参加した。
 弥勒米の製品紹介と新発売するウルグアイ産の赤・白ワイン『CERRO DEL TORO ALBARINO 2019』の紹介を行ったほか、日本から招いた寿司職人の山崎源太郎さんによる日本米の調理講習を実施。洗米のコツや美味しい酢飯の作り方、寿司の握り方の実演を行い、参加者に日本食の技術の細やかさを伝えた。
 『藍染』の白石テルマシェフと山崎さんによる競演企画も実現。前菜から主菜、デザート、食中酒に至る全ての品目に弥勒米を使用した、2人が考案した創作和食コース料理が参加者に振舞われた。
 参加したシュラスコレストラン・バルバコアの料理人マルセロ・フォーバロさんは「2人の料理は一品々々が丁寧で、和食の素晴らしさを実感できた。お米の香りや旨み、弥勒米の品質の高さを感じることが出来、参加してよかった」と感想を語った。
 イベント後、尾崎社長は「前身の東山農産加工社が日本人移民のために日本酒『東麒麟』を製造し始めてから今年で85年が経つ。今では日本人移民だけでなく、ブラジル社会へ日本食文化を伝えることも当社の重要な使命となっている。これからも品質に嘘をつかず、製品を通じてしっかりとブラジル社会に日本食の素晴らしさを伝えていきたい」と述べた。


□関連コラム□大耳小耳

 AZUMA KIRIN社のイベントで供された弥勒米ずくめの合作料理は以下の様なもの。調理技術もさることながら、献立自体も考えぬかれたもののようだ。【前菜】米カレーコロッケ、米粉生春巻き、海老のぶぶあられ天ぷら、【寿司】鮪の醤油漬け、海老の黄身漬け、蛸の柔らか煮、ビジュピラの昆布締め、帆立味噌漬け、梅胡麻味噌河童巻き【主菜】タラの塩麹焼きエリンギほうれん草添え、海鮮おこげあんかけ【デザート】米乳とアーモンドのパンナコッタ【食中酒】東麒麟・生酒、東麒麟・吟醸。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年5月8日 東西南北  5日未明、サンパウロ市東部アリカンドゥーヴァで、ラファエル・アパレシード・デ・ソウザさん(23)が、親類の家の前で軍警からの発砲を胸に受けて死亡する事件が起きた。ラファエルさんはこの日、親戚の家に行き、シュラスコを行った後に家の前で従兄弟たちと立ち話をしていたが、その際に彼の […]
  • シュラスカリア「D’BRESCIA」=こんなにお洒落でアクセス良くて約80レ!2020年2月22日 シュラスカリア「D’BRESCIA」=こんなにお洒落でアクセス良くて約80レ!  交通アクセスが良くて手頃な値段なのに、旨くてお洒落。評判の人気店「D'BRESCIA」のシュラスコが、豊富なビュッフェ料理と共に今なら79.9レアルで楽しめる。  「D'BRESCIA」は、1990年に聖市郊外サントアンドレ市で開業。店名はシュラスコ発祥の地・南大河 […]
  • 「日本とブラジルの懸け橋に」=静岡文芸大学生が県魅力発信=JHや県人会、USPで交流2020年3月13日 「日本とブラジルの懸け橋に」=静岡文芸大学生が県魅力発信=JHや県人会、USPで交流  「静岡の魅力を伝える親善大使だ」――今月6日、サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH)で行われた静岡文化芸術大学(所在地=浜松市)の学生5人による静岡県紹介の後、同県出身の池田泰久(いけだやすひさ)在サンパウロ日本国総領事館副領事は、学生の健闘をそう称えた。彼らは静岡県 […]
  • オイスカがクーニャで植樹=野口総領事、コチア青年らも参加2019年12月14日 オイスカがクーニャで植樹=野口総領事、コチア青年らも参加 […]
  • 3千人訪れたカラムルバザー=「活動の活発さはブラジル一」2019年10月8日 3千人訪れたカラムルバザー=「活動の活発さはブラジル一」  ボーイスカウトのカラムル隊の第63回バザーが9月29日に、サンパウロ市アリマソン区の本部で開催され、約3千人が訪れた。400家族近くが所属し、7歳から17歳までの子どもは500人を数える。うち日系人は8割を占めているという。  娘が入っている受付係の田崎ロベルトさん […]