ホーム | 日系社会ニュース | 弥勒米ずくめで和食普及=AZUMA KIRIN

弥勒米ずくめで和食普及=AZUMA KIRIN

弥勒米ずくめの合作和食で弥勒米の品質の高さと和食の奥深さを参加者にアピールした

 AZUMA KIRIN社(尾崎英之社長)は16日、サンパウロ市の日本文化広報施設ジャパンハウス内の日本食レストラン『藍染』にて、弥勒米広報イベントを行った。レストランオーナーや料理人を中心に約70人が参加した。
 弥勒米の製品紹介と新発売するウルグアイ産の赤・白ワイン『CERRO DEL TORO ALBARINO 2019』の紹介を行ったほか、日本から招いた寿司職人の山崎源太郎さんによる日本米の調理講習を実施。洗米のコツや美味しい酢飯の作り方、寿司の握り方の実演を行い、参加者に日本食の技術の細やかさを伝えた。
 『藍染』の白石テルマシェフと山崎さんによる競演企画も実現。前菜から主菜、デザート、食中酒に至る全ての品目に弥勒米を使用した、2人が考案した創作和食コース料理が参加者に振舞われた。
 参加したシュラスコレストラン・バルバコアの料理人マルセロ・フォーバロさんは「2人の料理は一品々々が丁寧で、和食の素晴らしさを実感できた。お米の香りや旨み、弥勒米の品質の高さを感じることが出来、参加してよかった」と感想を語った。
 イベント後、尾崎社長は「前身の東山農産加工社が日本人移民のために日本酒『東麒麟』を製造し始めてから今年で85年が経つ。今では日本人移民だけでなく、ブラジル社会へ日本食文化を伝えることも当社の重要な使命となっている。これからも品質に嘘をつかず、製品を通じてしっかりとブラジル社会に日本食の素晴らしさを伝えていきたい」と述べた。


□関連コラム□大耳小耳

 AZUMA KIRIN社のイベントで供された弥勒米ずくめの合作料理は以下の様なもの。調理技術もさることながら、献立自体も考えぬかれたもののようだ。【前菜】米カレーコロッケ、米粉生春巻き、海老のぶぶあられ天ぷら、【寿司】鮪の醤油漬け、海老の黄身漬け、蛸の柔らか煮、ビジュピラの昆布締め、帆立味噌漬け、梅胡麻味噌河童巻き【主菜】タラの塩麹焼きエリンギほうれん草添え、海鮮おこげあんかけ【デザート】米乳とアーモンドのパンナコッタ【食中酒】東麒麟・生酒、東麒麟・吟醸。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年5月8日 東西南北  5日未明、サンパウロ市東部アリカンドゥーヴァで、ラファエル・アパレシード・デ・ソウザさん(23)が、親類の家の前で軍警からの発砲を胸に受けて死亡する事件が起きた。ラファエルさんはこの日、親戚の家に行き、シュラスコを行った後に家の前で従兄弟たちと立ち話をしていたが、その際に彼の […]
  • イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二2016年6月16日 イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二  暫く走ってから比較的大きなカーブに差し掛かった時、船長は突然、急カーブを切った。あわや転覆するのでは・・・と驚愕した瞬間、今度は全員が波しぶきを全身に浴び悲鳴を上げた。 船長は2、3度この恐怖のサービスを繰り返した。いよいよ滝の下に近づくにつれ、徐々に滝しぶきが強くなってきた […]
  • ローリング・ストーンズ=アルゼンチンでコンサート従業員死亡=大統領とシュラスコ・パーティも2016年2月16日 ローリング・ストーンズ=アルゼンチンでコンサート従業員死亡=大統領とシュラスコ・パーティも  2月3日からチリのサンチアゴを皮切りに南米ツアー中の「ロックバンドの王様」ことローリング・ストーンズ。13日にアルゼンチンでの3回の公演を終えたばかりの彼らだが、古くから騒動の多いストーンズゆえか、今回もただでは終わらなかった。 11日未明はストーンズにとって悲しい出来事が起 […]
  • 2013年8月29日 来たる!ワールドカップ=開催12都市を簡単に紹介=(11)ポルト・アレグレ ニッケイ新聞 2013年8月29日  ブラジル最南端のリオ・グランデ・ド・スル州の州都ポルト・アレグレ。「陽気な港」という意味で人口は約150万人、清潔で近代的な雰囲気が漂う南部の重要な都市だ。 […]
  • 悲願の1千ゴール達成=ロマリオ、史上2人目の偉業2007年5月26日 悲願の1千ゴール達成=ロマリオ、史上2人目の偉業 2007年5月26日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙二十一日】プロサッカーのロマリオ選手(バスコ)が、リオデジャネイロ市のサン・ジャヌアリオ球場で行われた対エスポルチ戦でゴールを決め、悲願の通算一〇〇〇ゴールの偉業を成し遂げた。 […]