ホーム | ブラジル国内ニュース | 《リオ州》ニセ神父が詐欺罪で捕まる=信者やその一家から金巻上げ

《リオ州》ニセ神父が詐欺罪で捕まる=信者やその一家から金巻上げ

 3日、リオ州セロペディカ市で自分は神父だと偽っていた男性が、信者やその家族から10万レアル以上を巻き上げていたとして、詐欺罪で逮捕された。4日付現地サイトが報じている。
 逮捕されたのはルイス・フランサ・ダ・リマ容疑者(25)で、娘の結婚を無効化して欲しいと願っていた女性の家を訪ね、自分はローマの大学を出た後、カトリック大学(PUC)で博士号を取ったなどといって相手を信用させた。同容疑者は市内の大学でも教える予定だと話していた。
 被害者の女性は、カトリック教会で結婚後、夫が同性愛者だと気づいた娘の結婚無効化のために必要だといわれ、「巡礼に行く」「裁判を解決するための書類の翻訳や弁護士費用などに金が要る」などという言葉を信じ、金を払っていた。同容疑者は、被害者の携帯電話も盗んだという。
 被害者やその友人は、結婚の無効化手続きにあまりにも時間がかかっていることや、市内の大学では何も教えていないことがわかったため、同容疑者を告発した。
 容疑者は自身のネット上のプロフィールでも、ポルトガルやイタリアの大学で神学を学んだ経歴があるなどと偽っていたという。
 なお、同容疑者は事情聴取後に釈放された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に2020年6月4日 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に  【既報関連】5月25~26日に行われたダッタフォーリャの世論調査によると、回答者の52%が「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたと2日付G1サイトが報じた。  2069人への電話アンケートの結果、「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたのは52%で、「 […]
  • 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任2020年5月23日 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任  かつて「ブラジルの恋人」とも呼ばれた有名女優で、鳴り物入りで連邦政府文化特別局長に就任したレジーナ・ドゥアルテ氏が20日、就任3カ月にも満たないまま退任した。20日付現地サイトが報じている。  レジーナ氏の退任(一部メディアの報道では解任)に関して、ボウソナロ大統領は「本人 […]
  • ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に2020年5月27日 ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に  【既報関連】世界保健機関(WHO)は25日、新型コロナウイルスに対するヒドロキシクロロキンの臨床試験差し止めを命じた。同薬とクロロキンは、ブラジル政府が同病の公式治療薬として承認するよう、諸方面に圧力をかけている薬剤だ。25、26日付現地紙、サイトが報じている。  WHOが […]
  • 《ブラジル》コロナ緊急援助金=2回目支払いは18日から2020年5月16日 《ブラジル》コロナ緊急援助金=2回目支払いは18日から  生活扶助(ボウサ・ファミリア、BF)受給者や零細企業家、非正規雇用者らを対象とする、新型コロナウイルスに伴う緊急援助金の2回目支払いが18日からはじまる。15日付現地紙サイトが報じている。   支払い予定日などのスケジュールは、連邦政府が15日付官報で明らかにした。    […]
  • 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か2020年5月23日 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か  アマゾナス州内陸部のサンガブリエル・ダ・カショエイラ市(SC)で、先住民の間にコロナ感染者急増中と22日付現地サイトが報じた。  同州内陸部にはコロナウイルスへの感染率や死亡率が高い市が集中している。中でもSCは10万人あたりの感染者発生率が999に達し、少なくとも15人が […]