ホーム | コラム | 樹海 | 師走と紅白、クリスマス

師走と紅白、クリスマス

ゴイアニラ市でのクリスマスのフェスタのための食事を用意しているボランティア達(2018年、Divulgação/Liga do Bem)

 1日に開催された、ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(INB)と藤瀬圭子プロダクション共催の紅白歌合戦の様子が4日付弊紙で報じられた。同日は別のところでも紅白が行われ、赤組勝利の情報が流れており、日系コロニアでは紅白歌合戦は師走を中心とする年中行事の一つなんだと改めて感じた▼日系コロニアでは年末以外でも紅白歌合戦やそれに似た行事は繰り返し行われており、日本語で歌い、競い合う風景はこれからも続く事だろう。これに日本語や日本文化の理解度向上がついてくれば嬉しいし、INBのように日本との繋がりがある団体なら、日本とのやり取りが出来るだけの日本語力のある人材が不可欠だろうなとも思う▼他方、年末恒例のポルトガル語のニュースには、貧しい人が多い地域でボランティアがクリスマス(ナタール)に向けた食事を用意するとか、郵便局が窓口となって篤志家が子供達からの手紙に沿ったプレゼントを用意するといった話が多い。4日付現地サイトが報じた、ゴイアス州ゴイアニラ市のボランティアが、8日のフェスタのために200人分の食事を用意し、プレゼント用の食料品や玩具、衛生用品などの寄付も集めているという話もその一つだ▼無論、ブラジルでも年の初めは大切にするが、クリスマスの方が大いに盛り上がる。新年に向けた準備的な感覚は日本人や日系コロニアの方がより強い。ブラジルではクリスマスプレゼントで一区切りつくが、日本ならお年玉の準備が必要な事なども文化や生活様式の違いといえる。元旦や旧正月という「年の初め」を大切にする文化と、クリスマスやカーニバルというキリスト教行事をより大切にする文化との差も、考えてみれば面白い。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは2020年6月30日 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは  コロナ・パンデミックによって、世界が不自然な方向に追いやられている気がしてならない。今回のコロナ対策には現代文明の歪みが、そのまま現れている気がする。こんなことを書くと、怒る方もいるかもしれないが、根本的なレベルからの議論が必要な問題だという意味で提起したい。  今 […]
  • ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖2020年6月26日 ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖  コロナ禍における外出自粛のあいだの過ごし方として「動画配信サービスでの映画やドラマのビンジ・ウォッチング(一気見)」というのが世界的な現象として見られた。  外に出ても映画館もコンサート会場も、スポーツ・スタジアムも開いていない。そんなときにできることと言えば、家に […]
  • 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?2020年6月23日 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?  少し気が早い話だが、もしも在外邦人にも給付金10万円が出た場合、その使い道について提案したいことがある。  共同通信は10日付で《『在外邦人に10万円給付検討/政府、自民の意見考慮』  政府は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策としている1人1 […]
  • 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実2020年6月16日 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実 「時間を稼げば良いのだ、と少し気が楽になりました」との読者の声  先週の記者コラム「樹海」《これからが危ない感染ピーク/でも年末にはコロナフリー?!》を読んだアマゾナス州マナウス市在住の読者からメールで、《この感染爆発中の中で、時折気がくじけそうにもなるのですが、科学 […]