ホーム | ブラジル国内ニュース | ゴールデン・グローブ=ブラジル人監督の「2人のローマ教皇」を作品賞にノミネート=あの「シティ・オブ・ゴッド」のメイレレス

ゴールデン・グローブ=ブラジル人監督の「2人のローマ教皇」を作品賞にノミネート=あの「シティ・オブ・ゴッド」のメイレレス

 9日、「アカデミー賞」と並ぶ、アメリカの代表的な映画賞「ゴールデン・グローブ」で、ブラジル人映画監督のフェルナンド・メイレレスが監督した映画「2人のローマ教皇」が、最大賞の作品賞をはじめ、4部門でノミネートされた。
 「2人のローマ教皇」がノミネートされたのは、作品賞(ドラマ部門)、主演男優賞(ドラマ)でのジョナサン・プライス、助演男優賞でのアンソニー・ホプキンス、脚本賞の4部門だ。
 メイレレスがゴールデン・グローブでノミネートされるのは、外国語映画賞にノミネートされた2004年の「シティ・オブ・ゴッド」、作品賞、監督賞、助演女優賞でノミネートされた2006年の「ナイロビの蜂」に続く、3作目となる。「ナイロビの蜂」では、レイチェル・ワイズが助演女優賞を受賞している。
 この映画は、2012年の、現フランシスコ法王(当時ホルへ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿)と、当時の法王ベネディクト16世との関係を描いた作品で、主役の扱いは現法王となる。
 今回のノミネートに関して、メイレレスは「今回の映画はかなりマニアックなテーマだと思っていたが、僕は間違っていたようだ」と、予想外のノミネートに驚きを隠せていない。
 また、今回の作品賞ドラマ部門には、マーティン・スコセッシをはじめ、名だたる映画監督の作品が名を連ねていることもあり、「僕がずっと昔から尊敬してきた映画人たちが素晴らしい映画を作ってきた。その中に入れてもらえて光栄だ」と喜びを語った。
 メイレレスはこの作品を昨今のブラジルの状況にからめ、「この映画のテーマは忍耐と赦しだ。それはまさに、ここ最近のブラジルに欠けていることだ」として、しばし「憎悪の政権」とも呼ばれるボルソナロ大統領の極右政権を揶揄した。
 メイレレスはこのノミネートに喜び、自身のツイッターで「ゴールデン・グローブのノミネート作、絶賛公開中」とのツイートを流した。
 この映画は本来なら、動画配信サービス「ネットフリックス」で、全世界的に今月20日に公開されるが、ブラジルではサンパウロ市の映画館ベラ・アルテスで限定公開されている。
 ゴールデン・グローブの授賞式は1月5日にロサンゼルスで行われる。(9日付G1サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年10月14日 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  11月15日投開票でブラジル各市町村の首長と議会(議員)の選挙が行われます。  4年に1度の今回の選挙は、新型コロナウィルスのパンデミック下での選挙なので、集会などの選挙運動は行われず、従来と相当異なった選挙結果が出ると思われます。  私共に身近なサンパウロ市議会 […]
  • サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス2020年10月10日 サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス  9日、全国で市長選の選挙放送が始まった。投票日の3日前まで毎日テレビとラジオで放送される、投票者への影響力が強い放送の開始で、選挙戦がどう変わっていくかが注目されている。9日付現地紙が報じている。  選挙放送は、9日から11月12日まで続けられる。放送が行われるのは […]
  • 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に2020年10月8日 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に  サンパウロ市市長選に伴う恒例のテレビ候補者討論会が続々にキャンセルされており、支持率1位のセルソ・ルッソマノ候補(共和者・RP)以外の候補者を苛立たせていると、7日付現地紙が報じている。  討論会のキャンセルは、9月28日にSBT局がコロナ禍を理由にキャンセルと発表 […]