ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》コーヴァス市長の「化学治療は順調」と発表=3年前の体質改善が吉とでる

《サンパウロ市》コーヴァス市長の「化学治療は順調」と発表=3年前の体質改善が吉とでる

 【既報関連】食道がん治療のために10月末から化学療法を受けている、サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が順調に回復していると、10日付現地紙が報じた。
 コーヴァス市長の胃の噴門部にあった癌は劇的に小さくなり、肝臓に転移していた部分も縮小、血栓も少なくなった。
 全ての情報は、シリオ・リバネス病院の担当医たちが行った会見で明らかにされた。医師たちは、市長の容態を(治療の初期段階としては)幸先が良く、すばらしいと形容した。
 コーヴァス市長は10月23日から11月14日まで入院した後も、再入院と通院の形で計3回の化学治療を受けており、8日に経過観察のために再入院していた。医師たちは検査結果を「想定しうる限りでベスト」と評した。
 市長は化学療法をまだ5回受けなくてはならない。1回の化学療法を行うのには2日入院することが必要で、30時間の投薬を受ける。
 今後の化学療法は15日間の間隔を空けて行われる。新たに追加された全5回中、第1回目は10日に開始された。
 市長は治療中は人ごみを避け、過度な運動も控えなくてはならないが、それ以外は、市長としての務め、TV出演やメッセージビデオの撮影、関係書類への署名や会議への出席は可能だ。
 コーヴァス市長は3年前に、健康維持のために食生活を改善し、適度な運動を心がけ、15キロ減量した。医師たちはそのことが今回の治療の成功につながったとしている。また、医師たちは治療中も市長がジムに通うことも認めている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」2020年5月14日 サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」  【既報関連】11日からサンパウロ市で始まった、ナンバープレートの末尾番号による乗り入れ規制(ロディージオ)が期待していたほどの効果を挙げていないと13日付現地紙、サイトが報じた。  11日から始まったロディージオでは、ナンバープレートの末尾番号が奇数なら奇数の日、偶数なら偶 […]
  • 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任2020年5月23日 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任  かつて「ブラジルの恋人」とも呼ばれた有名女優で、鳴り物入りで連邦政府文化特別局長に就任したレジーナ・ドゥアルテ氏が20日、就任3カ月にも満たないまま退任した。20日付現地サイトが報じている。  レジーナ氏の退任(一部メディアの報道では解任)に関して、ボウソナロ大統領は「本人 […]