ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 「アマゾンの森林火災にはレオナルド・ディカプリオが関係している」と、世界的俳優を批判して話題を呼んだボルソナロ大統領が、今度はスウェーデン人で16歳の環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんを批判した。大統領は10日、アマゾンで多発する、森林保護を訴える人たちの殺害事件をグレタさんが問題視していることに言及し、「ピラーリャ(クソガキ)がわけのわからないことを言っている」と批判した。この発言のすぐ後、グレタさんはツイッター・アカウントの自己紹介欄に「ピラーリャ」と書いて大統領を皮肉った。グレタさんが米国タイム誌の「今年の人」に選ばれたのは翌11日のことだった。
     ◎
 10日午後、サンパウロ市西部ピニェイロスで、警察から追跡を受けた強盗犯2人が、軍警バイクその他の車両にぶつけながら逃げていたが、車が横転して逮捕された。事故が起きたのは午後2時で、場所は人通りも多いブリガデイロ・ファリア・リマ大通り。車横転は当然、多くの通行人の目につき、携帯電話などで多くの録画が行われた。犯人は車が横転した後も、走って逃げようとしたが、通行人らに取り押さえられ、警察に引き渡された。万事休すだった。
     ◎
 チーム創設史上、はじめての全国選手権2部落ちの屈辱に揺れている名門クルゼイロのファンが荒れている。ファンたちは現在、クルゼイロの経営陣、ヴァギネル・ピーレス・デ・サー会長、エルミーニオ・レモス、ロナウド・グラナタ両副会長の辞任を求めるキャンペーンをネットで展開中。事態収拾までには時間がかかりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ