ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》3740万人がニュース砂漠に=住んでいる市に情報メディア無く

《ブラジル》3740万人がニュース砂漠に=住んでいる市に情報メディア無く

 13日に発表された今年の「ニュース地図」によると、ブラジル国内全5570市の内、その市独自の情報を伝える情報メディアが存在しない“ニュース砂漠”は62・6%に上ることが分かった。
 こうしたニュース砂漠に住む人の総数は3740万人だ。
 北東部9州では73・5%、北部7州でも71・8%の市がこうしニュース砂漠だという。
 中でも、トカンチンス州は89・2%、リオ・グランデ・ド・ノルテ州は85・6%、ピアウィ州は83%、パライバ州は81・6%がニュース砂漠となっている。
 また、市独自のメディアが1~2しか存在しない、ほぼ砂漠状態の市も19・2%ある。ほぼ砂漠状態の住民は、合計で2750万人に上る。
 この状態は、統一地方選挙まで残り10カ月の時点で、ブラジルの総人口の31%にあたる6480万人が住んでいる市の公権力は、健全な批判にさらされる状態にないことを意味する。
 メディアが市役所周りや警察周りを怠ると、監視の目が届かず、腐敗が起こりやすくなる。
 ブラジル国内24のメディアのジャーナリストたちが集まり、インターネットなどで流れている情報の真偽を調査するプロジェクト「コンプローヴァ」のチーフエディター、セルジオ・ルドゥケ氏は、「昨今はインターネットを使って悪意を持って偽情報を流すグループがあり、人々が偽情報に惑わされやすい状態が続いている」とも警告している。(12日付エスタード紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • エホバの証人日語大会=9月8、9日王国会館で2012年9月5日 エホバの証人日語大会=9月8、9日王国会館で ニッケイ新聞 2012年9月5日付け […]
  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(57)2013年12月6日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(57) ニッケイ新聞 2013年12月6日 「しかし、中嶋和尚、気をつけて下さい。この自由なブラジルは、個人主義で『人間は生まれながらにして自分の為には悪い事をしてもいい動物』とも理解されていますから」 […]
  • 東西南北2018年3月13日 東西南北  サッカーのサンパウロ州選手権は11日の第12節をもってグループ・リーグを終了した。その結果、コリンチャンス、サンパウロ、パルメイラス、サントスのサンパウロ州4強は、A、B、C、D各々のグループをいずれもトップで通過し、決勝トーナメントに進出した。まだ日程、会場などは決まってい […]
  • 大耳小耳2008年11月25日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2008年11月25日付け […]