ホーム | コラム | 樹海 | 中道や中道左派が、政治を三極化出来ない理由

中道や中道左派が、政治を三極化出来ない理由

シロ・ゴメス氏(Heloisa Cristaldo/Agência Brasil)

 「政治の二極化」。ブラジル政治がそう言われるようになって久しい。それは民主社会党(PSDB)がボウソナロ氏に取って代わろうが、労働者党(PT)が政権から降りようがその状況は変わらず、むしろ強化されているようにさえ見える。
 世論調査だけを見れば、世は「三極化」ではないが、「三分化」はされていると見ることも不可能ではない。ボウソナロ政権の現状の支持率は「よい」「悪い」「普通」がいずれも30%ほどできれいに三等分されているわけだから。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボウソナロでさえ飛び乗れなかったイラン攻撃2020年1月10日 ボウソナロでさえ飛び乗れなかったイラン攻撃  正月明けて早々の、米軍によるイランのソレイマニ司令官殺害事件は、世界を「第3次世界大戦突入か?」と震撼とさせた。だが、今後まだ事態が変わりうる可能性があるとは言え、現時点ではそのような形にすぐに進んでいく可能性は高くない。  なぜか。それは、トランプ大統領が今回起こ […]
  • 日本政府はゴーンの情報戦に立ち向かえるか?2020年1月7日 日本政府はゴーンの情報戦に立ち向かえるか? 正義の味方としてハリウッドで映画化?  3日晩、ブラジルのTVクルトゥーラの看板ニュース番組「ジョルナル・ダ・クルツーラ」でカルロス・ゴーン被告報道に関して、二人の専門家は対極的なコメントを発していたのが気にかかった。  今回の逃亡劇に関して、どのニュースでも「映画 […]
  • ブラジル・メディアが報じたがらない不都合なニュース2019年12月20日 ブラジル・メディアが報じたがらない不都合なニュース  今年最後の当コラムということで、コラム子が個人的に気になっているニュースについて語ることにしよう。  それは、パラナ州検察局のリーダー格の人物、ジャヌアリオ・パルード氏に収賄疑惑が2件、立て続けで報じられたことだ。パルード氏は同検察局のラヴァ・ジャット(LJ)作戦主 […]
  • 《ブラジル》ジャーナリズムはグローボ経営危機を救えるか2019年12月10日 《ブラジル》ジャーナリズムはグローボ経営危機を救えるか 既存大手メディアと対立を深めるボウソナロ  「もしお前たちの放送権の承認更新に少しでも問題点があれば、絶対に更新はありえない。お前達はいつも俺の人生をいらだたせる。この役立たず!!!」(Se o processo da renovacao da concessao […]