ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》企業が政府の姿勢変更希望=「カーボン市場は機会と考えよ」

《ブラジル》企業が政府の姿勢変更希望=「カーボン市場は機会と考えよ」

森林伐採によって開発され、農牧地と化す前の土地の一例(Op VERDE BRASIL/17)

 2~13日にマドリッドで開催されている気候変動枠組条約締約国会議(COP25)に参加中の企業が、ブラジル政府にもっと柔軟な姿勢をとるように求めている。
 ブラジル政府はこの会議にリカルド・サレス環境相らを派遣し、パリ協約第6条に基づくカーボン市場(マーケット)で、なるべく有利な立場につく事を狙っていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ