ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》犯罪防止法を上院も承認=残るは大統領裁可と公布宣言

《ブラジル》犯罪防止法を上院も承認=残るは大統領裁可と公布宣言

セルジオ・モロ法相(Lula Marques)

 【既報関連】ブラジル上院が11日、犯罪防止法案を承認したと、11、12日付現地各紙・サイトが報じている。
 同法案はパコッテ・アンチクリーメと呼ばれ、セルジオ・モロ法相が今年早々に提出。下院での審議の際は、アレシャンドレ・デ・モラエス元法相(現最高裁判事)とスタッフが作成し、18年に提出した犯罪防止法案も参照された。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ