ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル経済》年末にむけ、各指標好調=CDSは7年ぶりの低水準

《ブラジル経済》年末にむけ、各指標好調=CDSは7年ぶりの低水準

 【既報関連】S&P社がブラジル国債を「ポジティブ見通し」としたことや、経済基本金利(Selic)が引き下げられたこと、また、米中貿易戦争が緩和する見通しが出ていることなどにより、12日のブラジル株は1・11%高、ドルは0・62%安、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)も最低水準をつけたと、13日付ブラジル紙が報じた。
 CDSは債務不履行(デフォルト)になる可能性が高いほど数値が高くなるが、12日の午後の数値は100・2ポイント(P)で、ブラジル好況期終盤、2012年10月以来の低水準に落ちた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ