ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》末期ガンから回復のカストロ氏=事故に遭い、あっけなく死亡

《ブラジル》末期ガンから回復のカストロ氏=事故に遭い、あっけなく死亡

 末期リンパ腫で痛み止めのモルヒネを毎日、上限量まで使い、体重が激減して、自分では歩けなかったのに、ガンが消滅し、普通の生活に戻った「奇跡の人」ヴァンベルト・ルイス・デ・カストロ氏(62)が、11日にミナス州ベロ・オリゾンテ市で事故に遭い、頭蓋骨骨折の重傷を負って帰らぬ人となった。
 カストロ氏は17年以降、化学療法や放射線療法、免疫療法を試した。だが、期待した結果は得られずに症状が進み、死の恐怖に直面していた。
 だが、9月9日にサンパウロ州リベイロン・プレットのサンパウロ総合大学血液センターに入院し、ラ米初のCAR―T細胞療法を受けたところ、腫瘍を示す黒い影が激減し、モルヒネも不要となり、自力で歩けるようになった。
 40日間の入院生活で実質的に癒されたと判断され、地元のベロ・オリゾンテに戻ったのは10月13日。以来、家族と共に生活していたが、事故に遭い、完治したかの正式判断を下すための5年間の観察期間を経る事もなく、亡くなった。
 これまでの苦しみを見てきた妻が「信じ難い」という程の変化を遂げ、自分の足で歩いて帰宅できると喜んでいたカストロ氏。医師達は同氏の死はガンとは無縁だと説明している。
 なお、同氏が受けたCAR―T細胞療法は、遺伝子学を駆使し、血液から取り出したT細胞(リンパ球の一種)を、ガン細胞などの表面に発現する特定の抗原を認識して攻撃するCAR(キメラ抗原受容体)―T細胞に改変。十分な数まで培養後に体内に戻されたCAR―T細胞は、ガン細胞の表面に取り付き、死滅させる。
 CAR―T細胞投与前には、体がこの細胞を受け入れやすくするためのリンパ球除去が必要で、ある程度の副作用も起きるが、たった1回の細胞投与でガン細胞が死滅し始めるため、それ以外の方法では効果がみられなかった患者にも大きな効果が期待される。
 カストロ氏自身、自分のように他の治療方法が機能しなかった患者にも朗報とし、この療法が普及する事を望んでいた。(18日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》サレス環境相が突如辞任=不正告発や連警捜査圧力に=後任にも「同類」と批判の声2021年6月25日 《ブラジル》サレス環境相が突如辞任=不正告発や連警捜査圧力に=後任にも「同類」と批判の声  【既報関連】23日夕刻、リカルド・サレス環境相の辞任と、ジョアキン・アルヴァロ・ペレイラ・レイテ氏の後任指名を告げる号外の連邦官報が出たと23、24日現地紙、サイトが報じた。  サレス氏は5月19日に行われた連警の「アクアンドゥバ作戦」の捜査対象の一人。不法伐採や違 […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月25日 東西南北  現在のブラジルを代表する映画監督クレベール・メンドンサ・フィーリョが7月に開催される、フランスのカンヌ映画祭で審査員をつとめることになった。メンドンサ・フィーリョといえば、2019年にブラジルで大ヒットし、日本も含めて国際的にも高い評価を得た社会風刺アクション・ホラー映画「バ […]