ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》末期ガンから回復のカストロ氏=事故に遭い、あっけなく死亡

《ブラジル》末期ガンから回復のカストロ氏=事故に遭い、あっけなく死亡

 末期リンパ腫で痛み止めのモルヒネを毎日、上限量まで使い、体重が激減して、自分では歩けなかったのに、ガンが消滅し、普通の生活に戻った「奇跡の人」ヴァンベルト・ルイス・デ・カストロ氏(62)が、11日にミナス州ベロ・オリゾンテ市で事故に遭い、頭蓋骨骨折の重傷を負って帰らぬ人となった。
 カストロ氏は17年以降、化学療法や放射線療法、免疫療法を試した。だが、期待した結果は得られずに症状が進み、死の恐怖に直面していた。
 だが、9月9日にサンパウロ州リベイロン・プレットのサンパウロ総合大学血液センターに入院し、ラ米初のCAR―T細胞療法を受けたところ、腫瘍を示す黒い影が激減し、モルヒネも不要となり、自力で歩けるようになった。
 40日間の入院生活で実質的に癒されたと判断され、地元のベロ・オリゾンテに戻ったのは10月13日。以来、家族と共に生活していたが、事故に遭い、完治したかの正式判断を下すための5年間の観察期間を経る事もなく、亡くなった。
 これまでの苦しみを見てきた妻が「信じ難い」という程の変化を遂げ、自分の足で歩いて帰宅できると喜んでいたカストロ氏。医師達は同氏の死はガンとは無縁だと説明している。
 なお、同氏が受けたCAR―T細胞療法は、遺伝子学を駆使し、血液から取り出したT細胞(リンパ球の一種)を、ガン細胞などの表面に発現する特定の抗原を認識して攻撃するCAR(キメラ抗原受容体)―T細胞に改変。十分な数まで培養後に体内に戻されたCAR―T細胞は、ガン細胞の表面に取り付き、死滅させる。
 CAR―T細胞投与前には、体がこの細胞を受け入れやすくするためのリンパ球除去が必要で、ある程度の副作用も起きるが、たった1回の細胞投与でガン細胞が死滅し始めるため、それ以外の方法では効果がみられなかった患者にも大きな効果が期待される。
 カストロ氏自身、自分のように他の治療方法が機能しなかった患者にも朗報とし、この療法が普及する事を望んでいた。(18日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ証券市場=連日高値で11万P超える=外国直接投資も持ち返す?2020年11月26日 サンパウロ証券市場=連日高値で11万P超える=外国直接投資も持ち返す?  新型コロナウイルスに対する予防接種ワクチンの有効性に関する報告が続き、ワクチンの実用化への期待が高まった事や米国大統領選の票の数え直しでバイデン氏の勝利がより確実になって来た事などで、サンパウロ証券市場(B3)の指数が連日上昇し、11万ポイントを超えた。  24日の […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=感染拡大が5月水準に逆戻り=「第2波始まった」専門家見解も=予防接種関連審理も始まる2020年11月26日 《ブラジル》コロナ禍=感染拡大が5月水準に逆戻り=「第2波始まった」専門家見解も=予防接種関連審理も始まる  新型コロナウイルスの感染拡大傾向が強まり、英国のインペリアル・カレッジが算出する「実効再生産数(Rt)」が1・30に戻ったと24、25日付現地紙、サイトが報じた。  感染症流行下(感染拡大抑制努力を実施中または抗体を持つ人が既にいる状態)で1人の患者が直接感染させ得 […]
  • 《サンパウロ州》高速道で41人死亡の大惨事=バスとトラックが衝突2020年11月26日 《サンパウロ州》高速道で41人死亡の大惨事=バスとトラックが衝突  サンパウロ州内陸部の高速道でトラックとバスが衝突事故を起こし、41人が死亡した。州内高速道の事故としては今年最多の死者を出す大惨事となった。25日付伯字紙が報じている。  事故が発生したのは25日午前6時50分頃、タグアイーとタクアリトゥーバの間にあるアヴァレー付近 […]
  • 東西南北2020年11月26日 東西南北  コロナウイルスの感染が再び拡大し、恐れられている今日この頃。25日付アゴラ紙によると、そうした状況にも関わらず、サンパウロ市内では夜間、バーやレストランでマスクもしないで人が密集している状況が見られるという。この現象は、10月10日に市がバーの営業を午後11時まで認めた頃から […]
  • 援協=与儀会長4年務め年内勇退=税田清七氏にバトン託す=医療機関で3位の高評価も2020年11月26日 援協=与儀会長4年務め年内勇退=税田清七氏にバトン託す=医療機関で3位の高評価も  10月24日にサンパウロ市のサンパウロ日伯援護協会本部ビル5階で評議会が行われ、2021年から22年度の理事会役員の単一シャッパが承認され、税田(さいた)パウロ清七(せいしち)氏が会長に就任することになった。税田新会長は援協理事会に23年間も所属し、うち6年間は副会長 […]