ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》「ビール味のアイスキャンディー」が誕生=常夏の北東部でカーニバルでのヒット目指す

《ブラジル》「ビール味のアイスキャンディー」が誕生=常夏の北東部でカーニバルでのヒット目指す

 ブラジルは今が夏の盛りだが、そんな中、ビール味のアイスキャンディーが発売されることになり、話題を呼んでいる。
 ブラジルは南国らしく、アイスキャンディーも、マンゴーやパッション・フルーツなど、他の国ではなかなか楽しめない味を満喫できるが、それでも、ビール味のアイスキャンディーというのは聞いたことがない。
 初めての試みとなるアイスキャンディーの製造に乗り出したのは、真夏の海岸での海水浴で有名な、北東部ペルナンブッコ州にある、アイスクリームのフリザボール社とビールのエカウト社だ。
 両社はアイスキャンディーにするビールとして、現在、アメリカのクラフト・ビールで最も醸造されている、「インディアン・ペール・エール(IPA)」と呼ばれるタイプのものを選んだ。試作品の製造には7日、その後の改良には4カ月をかけたという。
 「製造にあたり、様々なビールを試し、今回の味に至った。私たちは極力、ビールの味を強く出したものを作れたと思う」と、フリザボールのリカルド・ビカーリョ経営主任は語っている。
 新種のアイスキャンディーには、ミルクなどの動物性の原材料が一切含まれていない。他方、アルコール成分が3・25%含まれているため、購入は18歳以上の人に限って認められる。エカウトのジオゴ・シャラジーラ専務は「我々は夏とカーニバルに重点を絞ってこの製品を作った。だが、北東部は実質的に年中夏なので、1年を通じて売れるはずだ」と語っている。
 ビール味のアイスキャンディーは7レアルで、1月9日以降、一般のアイスクリームショップやビアホールなどでもお目見えする予定だ。(4日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ市=大晦日のホテルは大盛況=カーニバルへの動きも既に2020年1月7日 リオ市=大晦日のホテルは大盛況=カーニバルへの動きも既に  ブラジル・ホテル業者会リオ州支部(ABIH―RJ)によると、リオ市では、年末年始にかけてのホテルの客室占有率が例年以上に高かったという。  アウフレッド・ロペスリオ州支部長が3日に明らかにしたところによると、大晦日のイベントが開催され、290万人が繰り出したコパカバーナでは […]
  • ブラジル株史上最高値を更新中=国内外で発生の株安要因をものともせず2018年2月24日 ブラジル株史上最高値を更新中=国内外で発生の株安要因をものともせず  2月初旬に米国の株安の影響を受けて、一時大きく下げていたサンパウロ株式市場指数(Ibovespa)だったが、カーニバル明けの14日からは7営業日連続で前日比上昇を記録。22日の終値は8万6686・45ポイントで、米国株安の影響を受ける前の水準に戻したばかりか、さらに上昇して史 […]
  • サンパウロ市=アニェンビの施設民営化へ=カーニバル会場としておなじみ2018年5月4日 サンパウロ市=アニェンビの施設民営化へ=カーニバル会場としておなじみ  サンパウロ市議会で2日、サンパウロ市カーニバルのサンボードロモをはじめ、各種イベントの会場としても使われ、庶民にもなじみの深いアニェンビ複合施設民営化のための投票が行われ、承認された。3日付現地紙が報じている。 […]
  • ブラジルの自動車メーカー=カーニバルに長期休暇?=1月の生産増にも関わらず2017年2月9日 ブラジルの自動車メーカー=カーニバルに長期休暇?=1月の生産増にも関わらず  ブラジルの1月の自動車生産台数が昨年同月比で17%増えたと報じられた翌日の7日、国内の自動車メーカー各社が、カーニバルを利用して生産調整を行う意向を表明し始めたと8日付エスタード紙が報じた。  6日に行われた、乗用車、小型商用車、トラック、バスを含む自動車の生産台数が17% […]
  • ブラジル株高=5年ぶりの高値をつける=実体経済との乖離は大きく2017年2月17日 ブラジル株高=5年ぶりの高値をつける=実体経済との乖離は大きく  サンパウロ株式指数(Ibovespa)は15日、前日比で1・89%上昇し、12年3月以来の高値となる6万7975・58ポイントで引け、ブラジル金融市場は陶酔感に包まれたと、16日付現地紙が報じた。  ブラジル株は14日に若干の減少を記録するまで、5営業日連続で伸びていた。I […]