ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》路上生活者=国民の4割以上が「増えた」=都市部での増加傾向顕著

《ブラジル》路上生活者=国民の4割以上が「増えた」=都市部での増加傾向顕著

 国民の43%が、「2019年に路上生活者が増えた」と考えていることがわかった。5日付現地紙が報じている。
 これは、ダッタフォーリャが昨年12月5~6日に全国176市で行った世論調査でわかったものだ。
 それによると、国民の43%が「この1年間で路上生活者が増えた」と考えている。その一方で「変わらない」と考えている人は44%、「減った」は8%だった。
 「路上生活者が増えた」と思っている人が多い地域は、「南東部(48%)」や「首都(58%)」、「人口50万人以上の市(58%)」などの都市部だ。
 逆に、「内陸部」や「人口50万人以下の市」では、路上生活者が減ったと思っている人が多かったという。
 サンパウロ市は「路上生活者が増えた」と思っている人が多かった典型的な都市だ。それを裏付けるように、2016年から18年にかけて同市で路上生活者と見なされている人の数は、6万3200人から10万5300人にと、66%上昇しているというデータも残されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》全国市長選の結果予測=サンパウロ市はコーヴァス逃げ切りか=リオ市はパエス返り咲き有力2020年11月28日 《ブラジル》全国市長選の結果予測=サンパウロ市はコーヴァス逃げ切りか=リオ市はパエス返り咲き有力  29日の市長選決選投票を目前に控え、注目の都市での世論調査が出た。サンパウロ市では現職のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)がギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)を僅差でリードのまま当日を迎える。27日付現地紙、サイトが報じている。  ダッタ […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=リオは医療崩壊寸前か=サンパウロ州でも規制強化求める声=第2波到来は否定するも2020年11月28日 《ブラジル》コロナ禍=リオは医療崩壊寸前か=サンパウロ州でも規制強化求める声=第2波到来は否定するも  【既報関連】新型コロナで第2波到来を口にする専門家も出始める中、リオ州では入院待ちの人が連日200人を超えるなど、医療崩壊の兆候が出ている。オズワルド・クルス財団(Fiocruz)は第2波到来を否定したが、感染者や死者の増加を認め、警告を発したと27日付現地紙、サイト […]
  • サンパウロ州内陸部で暴風雨=濁流で車26台流される2020年11月28日 サンパウロ州内陸部で暴風雨=濁流で車26台流される  サンパウロ州内陸部のサンカルロス市で26日午後、雹を伴う猛烈な雨が降り、市中心部の商店街を中心に大きな被害が出たと26、27日付現地サイトが報じた。  午後4時35分から5時40分までの約1時間に降った雨は138ミリに及び、市内の道路が濁流で覆われた。市内各地で車が […]
  • 《ブラジル》ブラックフライデー=コロナ禍でネット通販激増=混雑きらい実店舗ガラガラ2020年11月28日 《ブラジル》ブラックフライデー=コロナ禍でネット通販激増=混雑きらい実店舗ガラガラ  27日の「ブラック・フライデー」の売れ方は、コロナ禍の影響もあり、ネット上が強く、販売店では弱いという傾向が出ていると、27日付現地サイトが報じている。  ブラック・フライデーはここ数年、ブラジルでもクリスマスと並ぶ、年間を通じた小売の稼ぎどきとして定着している。だが、今年 […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]