ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》路上生活者=国民の4割以上が「増えた」=都市部での増加傾向顕著

《ブラジル》路上生活者=国民の4割以上が「増えた」=都市部での増加傾向顕著

 国民の43%が、「2019年に路上生活者が増えた」と考えていることがわかった。5日付現地紙が報じている。
 これは、ダッタフォーリャが昨年12月5~6日に全国176市で行った世論調査でわかったものだ。
 それによると、国民の43%が「この1年間で路上生活者が増えた」と考えている。その一方で「変わらない」と考えている人は44%、「減った」は8%だった。
 「路上生活者が増えた」と思っている人が多い地域は、「南東部(48%)」や「首都(58%)」、「人口50万人以上の市(58%)」などの都市部だ。
 逆に、「内陸部」や「人口50万人以下の市」では、路上生活者が減ったと思っている人が多かったという。
 サンパウロ市は「路上生活者が増えた」と思っている人が多かった典型的な都市だ。それを裏付けるように、2016年から18年にかけて同市で路上生活者と見なされている人の数は、6万3200人から10万5300人にと、66%上昇しているというデータも残されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ水道水問題=大型浄水装置が浄水場に到着=本格的な稼動は週明けから2020年1月18日 リオ水道水問題=大型浄水装置が浄水場に到着=本格的な稼動は週明けから  【既報関連】リオ大都市圏のノヴァ・イグアス市にあるグァンドゥ浄水場に17日の朝7時30分、大型の水ろ過装置を載せた3台の貨物トラックの内、最初の1台が到着したと、同日付各現地サイトが報じた。  リオ大都市圏では、水道水が濁り、不快な匂いや味がするという事態が続いている。グァ […]
  • 《リオ州海岸部》8歳少女が流れ弾を受け死亡=自宅内のソファの上で2020年1月11日 《リオ州海岸部》8歳少女が流れ弾を受け死亡=自宅内のソファの上で  10日未明、リオ州海岸部のバイシャーダ・フルミネンセ地区で、自宅のソファでくつろいでいた8歳の少女が、外部からの流れ弾に当たって死亡する事件が起きた。同日付現地サイトが報じている。  亡くなったのは、ベウフォルジ・ロショ市エスペランサ公園区に住んでいたアナ・カロリナ・デ・ソ […]
  • 《アメリカ》チャーター便で不法入国ブラジル人送還へ=昨年は1万8千人が逮捕2020年1月14日 《アメリカ》チャーター便で不法入国ブラジル人送還へ=昨年は1万8千人が逮捕  2018年に米国に不法入国を試みて捕まったブラジル人の数は、過去最多の1万8千人に上った。米政府は、拘束者を送り返すため、チャーター機を増やす見込みと、13日付ブラジル紙が報じた。  チャーター機による不法移民送還は古くから行われていたが、ブラジル人に使われるのは稀だった。 […]
  • サンパウロ市=夏の大雨で犠牲者が発生=大陥没で車が飲み込まれる例も2020年1月10日 サンパウロ市=夏の大雨で犠牲者が発生=大陥没で車が飲み込まれる例も  サンパウロ州ではこのところ、連日のように夏の大雨による被害が報告されているが、サンパウロ市では9日未明、雨を避けようとして鉄柵を乗り越えようとした路上生活者が、照明灯のポストに触れて感電死する事故が起きた。  亡くなったのは、3年前にゴイアス州ゴアイニアから出てきた、カイッ […]
  • 《ブラジル》ミナス州州都で奇病が発生=男性ばかり8人罹患、死者も2020年1月10日 《ブラジル》ミナス州州都で奇病が発生=男性ばかり8人罹患、死者も  ブラジル南東部ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンテ市で、男性ばかり8人が原因不明の奇病に罹り、1人が死亡。残りも重症と報じられている。  “ネオフロネウラル(nefroneural)”と名づけられたのは、年末の12月30日に最初の症例が報告されて以降、8人の患者の発生 […]