ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州=大型高速道路コンセッションが成立=30年で140億レアルの投資

サンパウロ州=大型高速道路コンセッションが成立=30年で140億レアルの投資

 【既報関連】サンパウロ州ピラシカーバ~パノラマ間の総延長1273kmに及ぶ高速道路の運営権入札が8日に行われ、ブラジルの投資会社Patriaのファンドとシンガポールのソブリンファンドが出資する共同事業体コンソルシオ・デ・インフラエストゥルトゥーラ・ブラジル(以下CIB)が、11億レアルで今後30年間の運営権を落札した。9日現地各紙が報じている。
 CIBの入札額は2位に終わったエコロドヴィアス社が提示した5億2700万レの2倍以上だった。CIBには今後30年間で、近代化や拡張を含む高速道路の整備やパーキングエリアの改修などで、140億レアルの設備投資を行うことが義務付けられる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ