ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市市警は8日夜、同市地下鉄3号線で窃盗や集団強盗などを行っていた容疑者2人を逮捕した。パトリアルカ駅のプラットホームでは、強盗犯逮捕の際、38口径の拳銃1丁も押収された。ギリェルミーナ・エスペランサ駅のホーム下の銅線泥棒は未然に防いだが、同件の犯人は捕まえそこなった。8日の捜査では、逮捕された2人と共に強盗などを繰り返している容疑者(大人9人、未成年4人)の身元も確認された。集団犯罪事件も解決してほしいが、利用者目線で言うなら、地下鉄構内に、銃を持った人物が忍び込んでいた事実の方が怖いか。
     ◎
 最高裁のジアス・トフォリ長官は9日、リオ地裁が前日出した、コメディ・グループ「ポルタ・ドス・フンドス」製作の映画「キリスト 最初の誘惑」のネットフリックスでの配信禁止命令を差し止めた。この映画は、キリストが同性愛者として描かれるなどして、キリスト教界から強い反発を招いていた。だが、配信禁止処分は「行き過ぎた検閲行為」と見られ、グループの事務所に火炎瓶を投げ込んでの抗議と共に、否定的な世論が出ていた。同長官は同日、自動車の損害賠償責任義務保険の徴収に関する暫定令も覆した。
     ◎
 昨年7月、ブラジル空軍機に38キロのコカインを持ち込み、スペインで逮捕されたブラジル空軍軍曹のマノエル・ダ・シウヴァ・ロドリゲス容疑者が国際的な麻薬犯罪者として被告となった。問題の空軍機はボウソナロ大統領と随行団が日本でのG20サミットに向かう際の予備機で、麻薬が持ち込まれた経緯が疑問視された。裁判でその謎が明かされるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年7月18日 東西南北  新型コロナウイルス感染者が、とうとう200万人を超えたブラジル。堂々の世界第2位の数字だが、1位の米国は350万人。世界全体での感染者は1400万人近くだから、この2国だけで世界の4割近くを占めている。両国とも、大統領がコロナ感染被害を軽視。「それさえなければ」と思う人が多く […]
  • 東西南北2020年7月15日 東西南北  サンパウロ市で起きた、51歳の黒人女性をうつ伏せにして、軍警が首を踏みつけて動けなくしていた事件は、「ブラジルのジョージ・フロイド事件」として全国的に強い怒りを買っており、軍警側もことを重く見ている。軍警広報のオスマリオ・フェレイラ氏は「ジョージ・フロイド事件の場合、取り締ま […]
  • 東西南北2020年7月17日 東西南北  コロナ禍まっ最中のブラジルで、最初の大きなタイトルとなるリオ州選手権の決勝戦第2試合が、人のいないマラカナン・スタジアムで行われ、フラメンゴがフルミネンセに1―0で勝利した。2試合の合計スコアでも3―2となり優勝を飾った。フラメンゴは昨年の全国選手権制覇、南米一に輝いた勢いを […]
  • 東西南北2020年7月11日 東西南北  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は10日、外出自粛令を7月30日まで延長した。だが、今週からのサンパウロ市にくわえて、13日からオザスコ、バルエリ、モジ・ダス・クルーゼス、グアルーリョスで「レベル3」に緩和され、バールやレストラン、美容院の再開が可能になるなど、規制はむしろ […]
  • 東西南北2020年7月14日 東西南北  7日にコロナウイルス感染を発表したボウソナロ大統領だが、「本当にコロナにかかったのか」と怪しまれている。というのも、大統領夫人をはじめ、周囲にいた人たちのPCR検査の結果がみな「陰性」。むしろ大統領が「自分は陰性だ」と主張していた3月の頃の方が、本人の顔色が悪く咳こんでいたし […]