ホーム | ブラジル国内ニュース | 《アメリカ》チャーター便で不法入国ブラジル人送還へ=昨年は1万8千人が逮捕

《アメリカ》チャーター便で不法入国ブラジル人送還へ=昨年は1万8千人が逮捕

 2018年に米国に不法入国を試みて捕まったブラジル人の数は、過去最多の1万8千人に上った。米政府は、拘束者を送り返すため、チャーター機を増やす見込みと、13日付ブラジル紙が報じた。
 チャーター機による不法移民送還は古くから行われていたが、ブラジル人に使われるのは稀だった。ブラジルのボウソナロ大統領の側近筋からは、18年までは米国への不法入国で逮捕されるブラジル人の数はさほど多くなかった上、ブラジルの旧政権にはこうしたチャーター機の使用を認めない雰囲気があったとの説明があった。
 昨年末、米国政府からブラジル政府に「チャーター便を増やしても良いか」との打診が行われた。ブラジル外務省は「検討する」としたものの、正式な返答はまだ行われていない。
 ブラジルは昨年10月に、米国への不法入国の末、逮捕された強制送還者70人を乗せたチャーター便の受け入れに同意。その飛行機はミナス州、ベロ・オリゾンテのコンフィンス空港に着いた。最近では2017年10月にも類似の例がある。強制送還は、チャーター便だけではなく、商用便を使って行われる例もある。
 昨年、米国に不法入国を試み、捕まったブラジル人の大部分は、メキシコ北部チワワ州シウダー・フアレスと国境を接する、テキサス州エル・パソで捕まった。
 最近捕まえたブラジル人の強制送還のペースを速めるために、米国はチャーター便の増便を望んでいるようだと、ブラジル政府関係者は推測している。
 在ブラジル米国大使館は、「わが国はブラジルと素晴らしい協力体制を敷いている。チャーター便は、不法移民強制送還のための方法の一つ」とした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中2020年6月24日 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中  コロナウイルスの感染拡大で経済活動などが止まった事を受け、2019年の所得に関する確定申告期間を今月30日まで延長しており、未申告者は急いで申告するよう国税庁が促している。  確定申告は通常、4月末日までに行わなければならないが、今年はコロナ禍のために申告期間が延長された。 […]