ホーム | ブラジル国内ニュース | 《アメリカ》チャーター便で不法入国ブラジル人送還へ=昨年は1万8千人が逮捕

《アメリカ》チャーター便で不法入国ブラジル人送還へ=昨年は1万8千人が逮捕

 2018年に米国に不法入国を試みて捕まったブラジル人の数は、過去最多の1万8千人に上った。米政府は、拘束者を送り返すため、チャーター機を増やす見込みと、13日付ブラジル紙が報じた。
 チャーター機による不法移民送還は古くから行われていたが、ブラジル人に使われるのは稀だった。ブラジルのボウソナロ大統領の側近筋からは、18年までは米国への不法入国で逮捕されるブラジル人の数はさほど多くなかった上、ブラジルの旧政権にはこうしたチャーター機の使用を認めない雰囲気があったとの説明があった。
 昨年末、米国政府からブラジル政府に「チャーター便を増やしても良いか」との打診が行われた。ブラジル外務省は「検討する」としたものの、正式な返答はまだ行われていない。
 ブラジルは昨年10月に、米国への不法入国の末、逮捕された強制送還者70人を乗せたチャーター便の受け入れに同意。その飛行機はミナス州、ベロ・オリゾンテのコンフィンス空港に着いた。最近では2017年10月にも類似の例がある。強制送還は、チャーター便だけではなく、商用便を使って行われる例もある。
 昨年、米国に不法入国を試み、捕まったブラジル人の大部分は、メキシコ北部チワワ州シウダー・フアレスと国境を接する、テキサス州エル・パソで捕まった。
 最近捕まえたブラジル人の強制送還のペースを速めるために、米国はチャーター便の増便を望んでいるようだと、ブラジル政府関係者は推測している。
 在ブラジル米国大使館は、「わが国はブラジルと素晴らしい協力体制を敷いている。チャーター便は、不法移民強制送還のための方法の一つ」とした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ水道水問題=大型浄水装置が浄水場に到着=本格的な稼動は週明けから2020年1月18日 リオ水道水問題=大型浄水装置が浄水場に到着=本格的な稼動は週明けから  【既報関連】リオ大都市圏のノヴァ・イグアス市にあるグァンドゥ浄水場に17日の朝7時30分、大型の水ろ過装置を載せた3台の貨物トラックの内、最初の1台が到着したと、同日付各現地サイトが報じた。  リオ大都市圏では、水道水が濁り、不快な匂いや味がするという事態が続いている。グァ […]
  • 《ブラジル》ミナス州州都で奇病が発生=男性ばかり8人罹患、死者も2020年1月10日 《ブラジル》ミナス州州都で奇病が発生=男性ばかり8人罹患、死者も  ブラジル南東部ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンテ市で、男性ばかり8人が原因不明の奇病に罹り、1人が死亡。残りも重症と報じられている。  “ネオフロネウラル(nefroneural)”と名づけられたのは、年末の12月30日に最初の症例が報告されて以降、8人の患者の発生 […]
  • 《リオ州海岸部》8歳少女が流れ弾を受け死亡=自宅内のソファの上で2020年1月11日 《リオ州海岸部》8歳少女が流れ弾を受け死亡=自宅内のソファの上で  10日未明、リオ州海岸部のバイシャーダ・フルミネンセ地区で、自宅のソファでくつろいでいた8歳の少女が、外部からの流れ弾に当たって死亡する事件が起きた。同日付現地サイトが報じている。  亡くなったのは、ベウフォルジ・ロショ市エスペランサ公園区に住んでいたアナ・カロリナ・デ・ソ […]
  • サンパウロ州=家庭内での傷害事件増加=女性殺人も記録を更新2020年1月10日 サンパウロ州=家庭内での傷害事件増加=女性殺人も記録を更新  サンパウロ州保安局の集計によると、2019年1~10月の家庭内暴力による傷害事件は2万3226件で、前年同期比で12%増えたと9日付G1サイトが報じた。サンパウロ州では6日も、19年1~11月の女性殺人は前年の年間総数を超えており、記録を更新したと報じられた。  家庭内暴力 […]
  • サンパウロ市=夏の大雨で犠牲者が発生=大陥没で車が飲み込まれる例も2020年1月10日 サンパウロ市=夏の大雨で犠牲者が発生=大陥没で車が飲み込まれる例も  サンパウロ州ではこのところ、連日のように夏の大雨による被害が報告されているが、サンパウロ市では9日未明、雨を避けようとして鉄柵を乗り越えようとした路上生活者が、照明灯のポストに触れて感電死する事故が起きた。  亡くなったのは、3年前にゴイアス州ゴアイニアから出てきた、カイッ […]