ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が13日、レストランやホテル、バーなどの飲食店やイベント会場などで、プラスチック製の食器やナイフ、フォークなどの使用を禁じる条例を裁可した。これで、2021年1月1日以降、違反した施設は罰金を科されることとなる。今年いっぱいはそのための移行期間となる。サンパウロ市ではすでに、ストローが再生紙製のものなどで代替されはじめているが、今後は広範囲で、プラスチック製品が代用を求められることになる。市内の飲食店などが対応を巡って大わらわになる姿が今から想像できるが、環境にやさしい政策の成果に期待したいところだ。
     ◎
 13日未明、サンパウロ市南部カンポ・グランデのタイヤ販売店で、店主の息子で4歳のカイッケ・ピエトロ・フェレイラ・ダ・シウヴァ君が、侵入してきた車と壁の間に挟まれて圧死した。同君の従兄弟で3歳の女児エマヌエラちゃんと、その母親も負傷した。事故当時、現場ではカイッケ君の母親の友人の誕生会のシュラスコが行われていた。犯人はカイッケ君らを助けようともせずに猛スピードで逃げていき、現在も逃走中。犯人は保釈中の窃盗犯で無免許だった。
     ◎
 13日、ジウマ大統領の罷免を描いた「ブラジル 消えゆく民主主義」がアカデミー賞の最優秀ドキュメンタリー候補にノミネートされ、話題となった。だが、ジウマ氏がノミネート作品に登場するのはこの映画だけではなく、脚本賞など3部門にノミネートされた映画「2人のローマ教皇」でも、大統領時代のジウマ氏が映る場面があるというから、二重のサプライズだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年1月24日 東西南北  国際的非政府団体「トランスペアレンシー・インターナショナル」が22日に「世界汚職ランキング」を発表したが、ブラジルは前年よりも1ランク下がり、106位となった。同ランキングでは順位が高い国ほど汚職が少ないとされるが、ブラジルは、69位だった2014年以降、毎年ランクを下げてい […]
  • ケンスタール=「和牛カルバッチョはいかが?」=生産大手、販路拡大にも乗り出す2019年4月5日 ケンスタール=「和牛カルバッチョはいかが?」=生産大手、販路拡大にも乗り出す  「流行最先端は和牛カルパッチョ。それに日本式鉄板焼きも浸透してきている。ジューシーで柔らかい和牛の味を一度知ってしまうと、他の肉を食べられなくなる」――和牛生産大手・ケンスタール社の中矢レナト健二社長は、柔和な笑みを浮かべて和牛の魅力を語る。  ブラジルに和牛農家は […]
  • 東西南北2019年9月19日 東西南北  サンパウロ州連邦裁判所が17日、15日で契約が切れた連邦政府の医療プログラム「マイス・メジコス」の医師37人との契約を半年間更新するよう、サンパウロ市に命じた。契約が切れた医師たちが働いていた市内34の医療機関では、16日から医師の診察が受けられない状況に陥っていた。サンパウ […]
  • 東西南北2019年5月8日 東西南北  5日未明、サンパウロ市東部アリカンドゥーヴァで、ラファエル・アパレシード・デ・ソウザさん(23)が、親類の家の前で軍警からの発砲を胸に受けて死亡する事件が起きた。ラファエルさんはこの日、親戚の家に行き、シュラスコを行った後に家の前で従兄弟たちと立ち話をしていたが、その際に彼の […]
  • 【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】アマゾン、北東伯へも発展=19日式典でも喜びの声続々2019年6月11日 【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】アマゾン、北東伯へも発展=19日式典でも喜びの声続々  19日の「宣教本部竣工50周年記念式典」も午前10時に開幕し、全伯から1105人が参加した。講堂内には400人、講堂の外には605人ほどが駆けつけ、2階の小講堂には約100人が集まった。一日目と同様に式典が粛々と進み、この日は全国から集まった18人が順々に玉串奉奠をし、厳かな […]