ホーム | ブラジル国内ニュース | 米国がブラジルのOECD加盟を支持へ=ボウソナロ大統領の恭順報われる?

米国がブラジルのOECD加盟を支持へ=ボウソナロ大統領の恭順報われる?

 15日にパリで行われる経済開発協力機構(OECD)の会合において、米国が次の加盟国としてブラジルを公式に推薦する姿勢を打ち出す見込みと、15日付ブラジル各紙が報じた。

 次のOECD加盟国にはアルゼンチンが有力とされてきた。

 昨年10月に米国のマイク・ポンペオ国務長官がアンヘル・グリアOECD事務総長に「米国はOECD加盟国候補としてアルゼンチン、ルーマニアを推す」との書簡を送っていたが、方針を転換した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ