ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 14日、サンパウロ市南部グラジャウーで、1千羽ほどの雄鶏が闘鶏用に飼育され、トレーニングや実際に戦わされていたのを警察が発見した。この件では、この土地の所有者と飼育していた人物2人の計3人が、警察への出頭を命じられている。雄鶏の中には傷を負ったものも少なくなく、成長したら闘鶏をさせられることになる雛たちもかなりいたという。この場所は昨年の8月頃から警察に怪しまれていたという。昨年12月にはサンパウロ大都市圏マイリポランで闘犬をさせられていた犬たちが40匹ほど救出されて話題を呼んだが、それに続く動物虐待疑惑だ。しかも、1千羽とはただごとではない。

     ◎

 14日午前7時頃、サンパウロ市西部の地下鉄3号線バラ・フンダ駅からの連絡通路付近で、CPTMの警備員の男性が、49歳の男性にナイフで刺される事件が起きた。警備員は病院に運ばれて手術を受け、命に別状はなかったが、入院を余儀なくされている。加害者は警察に出頭して事情聴取に応じたが、「午前5時に職場を出て、ものすごく酒に酔っていた」上、無賃で改札を乗り越えようとして警備員に止められて喧嘩になったという。加害者は殺人未遂で起訴される予定だ。

     ◎

 サンパウロ市地下鉄は、モノレール線17号線の工事担当の企業としてコンストラム社と契約を結んだ。同社はコンゴーニャス空港駅からモルンビ駅まで続く線路と、その間の駅などの完成を任せられ、4億9480万レアルで契約した。同線は現時点で86%ほど完成した状態だというが、2011年にはじまった工事がいまだに終わっていない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年7月22日 東西南北  新型コロナウイルスに対する外出規制が緩和され、交通機関に人が戻っているサンパウロ市だが、アゴラ紙の報道によれば、地下鉄やCPTMではコロナ対策のルールが守られていない駅が目立っているという。どの駅でも、利用客の手を消毒するためのアルコールジェルがきちんと置かれておらず、駅のプ […]
  • 東西南北2020年7月18日 東西南北  新型コロナウイルス感染者が、とうとう200万人を超えたブラジル。堂々の世界第2位の数字だが、1位の米国は350万人。世界全体での感染者は1400万人近くだから、この2国だけで世界の4割近くを占めている。両国とも、大統領がコロナ感染被害を軽視。「それさえなければ」と思う人が多く […]
  • 東西南北2020年7月21日 東西南北  ボウソナロ大統領は19日、コロナウイルス感染で隔離中の身でありながら、官邸前にデモで集まった支援者の前に、池を挟み距離を保って登場した。大統領はそこでクロロキンを宣伝し、結党が大幅に遅れている自身の党「ブラジル同盟」について語り、「うまくいかなかったら別の手を考えている」など […]
  • 東西南北2020年7月15日 東西南北  サンパウロ市で起きた、51歳の黒人女性をうつ伏せにして、軍警が首を踏みつけて動けなくしていた事件は、「ブラジルのジョージ・フロイド事件」として全国的に強い怒りを買っており、軍警側もことを重く見ている。軍警広報のオスマリオ・フェレイラ氏は「ジョージ・フロイド事件の場合、取り締ま […]
  • 東西南北2020年7月17日 東西南北  コロナ禍まっ最中のブラジルで、最初の大きなタイトルとなるリオ州選手権の決勝戦第2試合が、人のいないマラカナン・スタジアムで行われ、フラメンゴがフルミネンセに1―0で勝利した。2試合の合計スコアでも3―2となり優勝を飾った。フラメンゴは昨年の全国選手権制覇、南米一に輝いた勢いを […]