ホーム | 日系社会ニュース | 池坊ブラジル支部=令和最初の初生け=3日間で400人が来場=「平成の終わりと令和の始まり」

池坊ブラジル支部=令和最初の初生け=3日間で400人が来場=「平成の終わりと令和の始まり」

記念の集合写真

記念の集合写真

 華道家元池坊華道会ブラジル支部(河村徳子支部長)による「第1回令和時代の初生け」が、11、12両日にサンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテルで行われ、約400人が訪れた。10日夜には、来賓を招いて開会式が開催され、約120人が来場。令和最初の初生けで、会場は華やかに彩られた。

 令和初をモチーフに、入口に「平成の終わりと令和の始まり」をイメージした花が生けられた。会場内には、正月らしい花材を用いた42作品が展示された。

 中でも目を引いたのは、河村支部長と娘のリーナさんが令和を祝して生けた作品。作品には鳥が飾られており、河村支部長は「令和が前進する様子を表現した」と語る。

 開会式では、河村支部長が挨拶で「平成から令和に変わり、ますます基本を主体として、進展・進化を強調し活動していきます」と抱負を述べた。

 来賓の野口泰在サンパウロ日本国総領事は、日頃から総領事公邸で花を生けている河村支部長へ感謝を述べ、「東京五輪で日本は世界中から注目を集める。ブラジルでも先生の力を借りて日本の伝統文化広めたい」と語った。

 来賓のブラジル日本文化福祉協会の林まどか副会長、日伯文化連盟の吉田エドアルド理事長、ブラジルいけ花協会のエリソン・トンプソン・デ・リマ会長から祝辞が述べられ、鏡割り後、リベルダーデ文化福祉協会の池崎博文会長が乾杯の音頭をとってなごやかな会食となった。

 ビラカロンで生け花を教えている高安節子さんは、正月らしく竹と松を用い、さらにブラジルらしくカトレアの花を生けた。友人で生徒の宮城純子さんは、「先生の花はとても綺麗で感動した」と微笑む。

 宮城さんの作品は、カーネーションやキク科の花で春らしさをイメージしたもので、ポイントは大好きな紅葉。「ブラジルのは葉が大きいから、わざわざ日本から取り寄せたのよ」と語った。

 生け花を始めて6カ月というエルソン・メネガッゾさん(39)は、西本願寺で僧侶の見習いをしており、寺で生けることもある。今回は茎を折り曲げた独創的な作品に仕上げ、「バランスがありそうでない感じを表現してみた」と満足気な笑みを浮かべた。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • エドアルド 質疑応答 (New!)2016年5月2日 エドアルド 質疑応答 (New!) サンパウロ市リベルダーデ街にあるニッケイ新聞編集部に3月4日(金)に来社してくれたエドアルドさんに、いろいろと突っ込んだ質問をしてみました。どんなことを聞いても、ちゃんと受け止めて、真剣に答えるエドアルドさんに、こっちがびっくり。日本語の達者ぐあいもさることながら、なかなかキモ […]
  • 援協=JICA助成金に感謝=コロナ禍ダメージを回復=「ブラジル社会に貢献する」2021年6月12日 援協=JICA助成金に感謝=コロナ禍ダメージを回復=「ブラジル社会に貢献する」  「ブラジル中が未曾有のパンデミックで苦しむ中、JICA助成金のおかげで健全な経営に戻り、傘下の福祉施設では入居者の環境改善も可能になりました」と園田昭憲副会長は感謝した。職員数が約2500人を超える日本国外では世界最大級の日系団体、サンパウロ日伯援護協会(援協、税田パ […]
  • 《記者コラム》韓国人移民秘話―コチア産組が初入植のお膳立て2021年5月26日 《記者コラム》韓国人移民秘話―コチア産組が初入植のお膳立て  「ブラジルに来た初期の韓国人移民を、実は日本人移民がお膳立てしたという秘話もあるんですよ」と、サンパウロ在住の石井久順(ひさのぶ)さん(82、北海道、1960年渡伯)から一本の電話が入った。ニッケイ新聞で今年1月28日から2月26日にかけて連載された『アジア系コミュニ […]
  • 文協定期総会で評議員選挙=正50人、補19人を選任2021年4月10日 文協定期総会で評議員選挙=正50人、補19人を選任  パンデミックの最悪期、サンパウロ州では外出規制が最も厳しい紫レベルにも関わらず、ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は3月27日午前9時からオンラインで第58回定期総会を開催し、50人の評議員の投票を行った。久々に顔を合わせた役員らは、懐かしそうに挨拶を交わした […]
  • 特別寄稿=突じょ大幅改編した内閣人事=「吾(わが)政府」実現したいボルソナロ氏=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2021年4月6日 特別寄稿=突じょ大幅改編した内閣人事=「吾(わが)政府」実現したいボルソナロ氏=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  先週、3月末から4月始めに掛けて、ボルソナロ内閣の多くの大臣、公社幹部の入れ替えが発表されて、「何で急に」とコロナウイルスで活動休止中の国民を驚かせました。  大臣の交替が発表された省庁の中には防衛省、外務省、大統領府官房長官など重要省庁もあり、これがブラジル政治に大きな転 […]